ストレスもモニタリングできる健康管理デバイス「Spire」

ストレスもモニタリングできる健康管理デバイス「Spire」 1

ストレスですら機械で計れる時代に。

先週ニューヨークにて行われた2014年ナショナル・デザイン・アワードにて、20ものノミネート作品の中からピープルズ・デザイン・アワード(一般大衆の投票で決める賞)を受賞したのは、「Spire」とよばれるフィットネス・トラッキング・マシーンでした。

Spireはスタンフォード大学のカーミング・ラボ(心の平静研究ラボ)で3年をかけてデザインされ、体の動きや心拍数だけではなく、呼吸の深さや長さも計ることによって、その人のストレスレベルを計測してくれるとのこと。

ストレスもモニタリングできる健康管理デバイス「Spire」 2

人間はストレスを感じると、呼吸が浅くなります。するとSpireはそれを察知し、携帯電話にリラックス方法と合わせて通知を送ってくれるんです。逆に呼吸が深く、リラックスしすぎていると感知した場合は、もう少し動いたら? とアドヴァイスしてくるかもしれません。

Spireはまだ発売されていませんが、119ドル(約1万2,733円)でプレオーダー可能とのことです。ピープルズ・デザイン・アワードにはSpireのほかにも注目の作品がノミネートされていますので、こちらからチェックしてみてください。

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(Tomo)