Twitpic「ゴメン、やっぱり閉鎖するわ」

141019twitpic.jpg

えええええ。残念すぎる。

今年の9月4日、Twitter向け写真共有サービスTwitpicの終了が発表され、Twitterのサード・パーティーサービスとしては最古の1つであった同サービスは、9月25日までに閉鎖される予定でした。 しかし9月18日には状況は一転、売却先が見つかったのでサービスが継続されると発表されていました。

ほっと安心したのも束の間、TwitPicのサービスが10月25日で終了になることが再発表されたのです。

Twipicの創業者Noah Everettさんは自身のブログで、事の顛末を語ってくれています。

我々は売却先を探す事に尽力しましたが、結局のところそれは叶いませんでした。先のツィートで述べた、やっとのところで見つけたかに思えた売却先とは、結果的に同意条件が合いませんでした。通常では、先日のような早まったアナウンスをする事はないのですが、Twitpicが存続できるという事を、一刻も早くユーザのみなさんにお知らせしたかったので、このような事態になってしまったのです。

どうしてこんなにも状況が激しく変わるのか、先日決まりかけた売却先が明らかではないので、Twitter相手の瀬戸際戦術に失敗したのか本当に売却先との交渉に失敗したのかどうか、明確な理由はわかりません。

どちらにしろTwitpicの閉鎖は免れないようです。もしも写真が同サービス中に残っているなら、最後にアップロードされたものから5,000枚までなら遡ってエクスポートできるそうです。もしも保存しておきたい写真があるならば、お早めにどうぞ。

source: TechCrunch

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(Tomo)