Twitpic、読みとり専用サービスとして存続

Twitpic、読みとり専用サービスとして存続 1

やっと終結か。

ここ最近のソーシャル・メディアのニュースの中で、最も賑わっているものの1つは、TwitpicとTwitterに関するものではないでしょうか。当初9月末で閉鎖されるはずだったのに、その後存続が決定。かと思ったらやっぱり閉鎖する...。こんな風に行ったり来たりの騒動を繰り返してきましたが、この度正式に今後の動向が決定しました。

Twitpicは形式上閉鎖されるものの、Twitterがオーナーとなり、読みとり専用でサービスを続けられるそうです。

このニュースは、Twitpicのオーナーにして創立者であるNoah Everettさんのブログで明らかになったものです。彼はTwitpicを読みとり専用サービスとして継続させるかわりに、Twitterにドメイン名と写真のアーカイヴを受け渡したことを認めました。

これによって、Twitpicへ新しい写真のアップロードはできなくなり、モバイルアプリも終了しました。でも、過去にアップロードされた写真には継続してアクセスできます。

これで一連の騒動は終わったかのように見えますね。少なくともまだ写真が残っているのは嬉しいです。

source: Twitpic via Mashable

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(Tomo)