ツイッターがグーグルグラスのサポートやめちゃった

141030twitter-1.jpg

え、なんで?

ツイッターがグーグルグラス用のアプリ開発をやめてしまいました。

グーグルグラスが開発されてから、世界中の人々が利用するSNSとしても最初に搭載されたアプリの1つだったツイッター。しかし2013年5月にローンチされたそのアプリが、残念ながら消えてしまったそうなんです。

これを受けて一部のユーザがツイッターのサポートに説明を求めたところ、グラスアプリの開発を断念したことを認めたような返答が来たんだそう。

また、オンライングラスアップハブからもツイッターは完全に消失してしまっています。つまり、ユーザが自身のグラスからアプリを消してしまった場合はもう復元することもできないみたい。

その時見たもの、感じたことを、気軽につぶやけるツイッター。個人的にグーグルグラスとの相性はよさそうに思えるのですが、どうしてやめてしまったんでしょうね…。とはいえ、サードパーティによる解決方法が残されているので、そのうち代わりになるものが登場してくれるはず。でも公式アプリがないって、なんだかちょっと寂しいよね。

source: 9TO5Google

(今野愛菜)