車内Wi-Fiも。パイオニアが国内初のLTE搭載ミラー型端末を開発

141027mirror-04.jpg

ルームミラーがナビ。

パイオニアが、国内初となるLTE搭載ミラー型車載機器を開発しています。ルームミラーでありながら、ニュース渋滞表示などクラウドサービスを活用したさまざまな機能を搭載。音声対話型ドライブエージェントサービスによるコントロールも可能となっています。Wi-Fiアクセスポイント機能も搭載されているそうなので、対応端末があれば車内で利用することもできますね。

141027mirror-03.jpg

タッチパネル液晶を搭載したハーフミラー。音声でのコントロールもできるとはいえ、指紋の跡がつきそうですね。スマホの保護フィルムみたいに、ルームミラー用のフィルムが盛んになりそう。

141027mirror-02.jpg

また広角車載フロントカメラも内蔵しているそうです。なのでドライブレコーダーとしても利用できる模様。画像を見る限りでは、鮮明さには少し欠ける気がしますが、なかなかの画質で撮れている印象です。

撮影したものはPCなどの端末に移動できるのかな。YouTubeなどにアップロードして楽しんでいる人、結構いますもんね。

141027mirror-05.jpg

141027mirror-01.jpg

音声対話型ドライブエージェントサービスでは、走行中に音声で天気やナビなどの操作ができます。Siriみたいな感じですね。

これまでもフロントガラスにナビが表示されるテクノロジーの開発は行われてきました。でも、半透明でも視界を妨げる何かが表示されることに抵抗を持つ人は多いはず。でもルームミラーなら、そこまで気にする必要はないかもしれません。

ミラー型車載機器の発売は本年度中を予定とのこと。幅広い車種に取り付けが可能のようなので、これは未来のテクノロジーの先取りとしても早く体験したいところ。日本ではスマホやタブレットで、いつでも、どこでも、いち早くニュースなどを習得できますが、外国ではいまだ紙の新聞がメジャーという国も少なくないんだとか。そこへこういった形で車内用Wi-Fi端末が普及したら、ライフスタイルもぐっと変わりそうです。

source: Pioneer via gizmag

(今野愛菜)