空港内でのWi-Fi接続で、セキュリティチェックの待ち時間がわかるように

空港内でのWi-Fi接続で、セキュリティチェックの待ち時間がわかるように 1

オースチン・バーグストロム国際空港を利用する際は、お手持ちのスマートフォンのWi-FiもしくはBluetoothの接続をオンにしていただけますと幸いです。

どうしてそのようなことをお願いしたかと申しますと、空港でのセキュリティチェックの待ち時間をみんなに伝えられるようになるからなんでございます。

オースチン・バーグストロム国際空港が新たに導入したBoingoパワーセキュリティ待ち時間システム。この新しいシステムによって、キュリティチェックポイントの外の電光掲示板に、おおよその待ち時間が表示されるようになりました。空港利用者には嬉しい情報ですね。

このシステムを可能にしているのが、Wi-Fi(又はBluetooth)接続なんです。ざっくり言うと、エリア内で接続している端末の数を感知して数えることで、待ち時間を割り出す仕組み。ネタ元のIT Worldは以下のように仕組みを解説しています。

一般的にWi-Fi接続をオンにしていると、端末は常にアクセスポイントを探す状態になる。その仕組みを利用して、空港側はセキュリティポイント近くのWi-Fiに接続されている端末の数を割り出し、メディアアクセス制御(MAC)と共に検出。そうすると、ユーザがセキュリティを通過し、他のWi-Fiアクセスポイントエリアに出たかどうかを見極めることが可能になる。

所定のエリア内における通過時間によって、待ち時間や混雑具合をある程度予測できる仕組みのようですね。なお、この方法はWi-Fiだけでなく、Bluetoothでもトラッキングが可能なんだそう。

自分の端末データを空港にとられるのは不安だという意見もありますが、BoingoのCTOであるDerek Peterson氏は「空港側は、誰がセキュリティチェックポイントを通過したかをチェックしているのではなく、通過するのにかかった所要時間を重視している」とコメントしています。

彼は加えて、より多くのデータが集まることで、セキュリティチェックポイントの通過時間、混み具合を予想するのにも役立っていくといいます。なんでも、2ヶ月分ほどのデータが集まれば、今後、約99%の正確さで待ち時間を予測できるようになるというのです。空港では時間の使い方がなかなか難しいもので、このシステムでより楽な旅になるならばいいもんでしょうな。

image by Arina P Habich / shutterstock

source: IT World

Ashley Feinberg - Gizmodo US[原文

(そうこ)