マイクロソフトの本気、リビングがゲームの舞台になる日も近い

家にいるのにゲームの世界へ。

マイクロソフトが、ゲームに新たな構想を持っているという話を覚えていますか? プロジェクションマッピングを利用して部屋をまるでゲームの世界のようにしてしまおうというアイディアです。話は進み、構想は練られRoomAliveとして開発中とのこと。

マイクロソフトの本気、リビングがゲームの舞台になる日も近い 1

RoomAliveはまだコンセプト段階ですが、Kinectとプロジェクターを利用することで、家の中にゲーム世界を映し出します。部屋にいるのに、自分がゲームの世界に入り込んだようになるのです。ヴァーチャルヘッドギアとは違う方向の体感的ゲームの取り組み方ですね。室内の壁や床、家具の位置を検知し、それに合わせたゲーム世界を投影。もちろん、ゲーム内のキャラ達も部屋の作りにそって動きます。上の動画はそのデモの様子。現段階では、商品化するにはまだまだ高額すぎるとのことですが、そのうち、ね?

指先だけでなく全身を使った冒険旅行へ!

source: The Verge

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(そうこ)