中国で軍が緊急出動、その原因は1台のドローン

中国で軍が緊急出動、その原因は1台のドローン 1

何事もなくてよかったですが、少し過剰すぎる気もします。

10月22日、中国で1,226人の軍人、123台の軍用車、26人のレーダ技師、2台のヘリコプター、そして2台の戦闘機が緊急出動する事態が起きました。彼らの出動要請の理由は、北京近郊の空港を認可されていない飛行物体が通過したためでした。一体どんな国際問題に発展するのか、と心配したものの、実はその正体は単なる地図作成用のドローンでした。

後に警察は、この騒動を起こしたとして、航空技術会社に勤める2人の男を逮捕しました。その他にも、もう1人の男が関与を認めたとのことです。無人航空機は7.5フィート(約2.28m)の大きさで、地図作成の他にも周囲の監視用にも使われていたとのことです。

中国では、事前の許可なしでは、それに人が乗っていようがいまいが、あらゆる飛行物体を飛ばすことが禁止されています。つまり、空軍、民間航空局、そして地域の航空管制局全てが、いつ何が飛ぶかを知っていなければならないということです。今回の犯人らは、この申請を忘れてしまっていたのでしょうか、高い授業料になってしまいましたね。

Image by Bureau of Land Management under Creative Commons license

source: Guardian

Jamie Cocdliffe - Gizmodo US[原文

(Tomo)