ソニーから高速AF2,100万画素のスマホ向けCMOSセンサー

ソニーから高速AF2,100万画素のスマホ向けCMOSセンサー 1

ソニーが、スマホ向けの1/2.4型CMOSセンサーExmor RS 「IMX2300」を発表しました。画素数は2,100万画素となっています。

業界初の像面位相差AF信号処理機能をCMOSセンサー上に搭載。これにより、動きの速い被写体へのフォーカス追従性が大幅にアップ。

加えて、HDR機能が高解像度の静止画や4K動画にも対応します。

最近はスマホのカメラの機能向上は目覚ましいものがありますが、このIMX230ではAFスピードが向上することで、ペットやお子さんといった動いている被写体の撮影がグンと楽になります。どんどんスマホがデジカメになっていく…!

量産出荷は2015年4月の予定。来年の春夏モデルあたりに搭載されるかもしれませんね。

source: ソニー

(三浦一紀)