米Amazon Prime、写真ストレージが容量無制限に

米Amazon Prime、写真ストレージが容量無制限に 1

年99ドル(約1万1,300円)でも、ますますお値打ち。

米国Amazon Primeのサービスに、写真を容量無制限に保存できる機能が追加されました。以前からAmazon Primeへの評価が高い米Gizmodoでは「お得すぎる!」と大興奮です。年1万円以上払ってもなおお得とは、どんなメリットがあるんでしょうか? 以下はMario Aguilar記者です。

***

今までもきわめてお得だった米国のAmazon Primeが、さらにコストパフォーマンスを高めました。無料の写真ストレージが容量無制限でもれなく付いてくることになったんです。新サービスAmazon Prime Photosを使えば、スマートフォンアプリやパソコンのWebブラウザからAmazon Cloud Driveに写真を保存でき、どれだけアップロードしてもAmazon Cloud Driveの容量にカウントされないんです。

米Amazon Prime、写真ストレージが容量無制限に 2

ちょっと使ってみたところ、DropboxとかGoogleの競合サービスと比べても遜色なくスマートに使えて、既存のライブラリもドラッグ&ドロップするだけでアップロードできます。ファイルタイプも考えうる限り全部サポートされ、RAWファイルだってOKです。1ファイルあたりの最大サイズは2GBです。プロが使うには物足りないこともあるかもしれませんが、そうじゃなければもう十分以上じゃないでしょうか。スマートフォンにある写真を自動でクラウドに同期できるので、手動バックアップをときどきする必要もなくなります。

米Amazon Prime、写真ストレージが容量無制限に 3

Amazon Primeにすでに入っている人にとっては、それだけの機能が純粋に追加されたんです。ちなみにその前でも、年間99ドル(約1万1,300円)でこれだけカバーされてました。

・Amazonにあるものはたいてい何でも、追加料金なしで2日で配送
・かなり充実した(完全網羅じゃないにしても)TV番組と映画
・同じくらい充実のストリーミング音楽サービスとオンラインストレージロッカー
・Kindle用電子書籍の無料ライブラリ
・そして今、自分の写真全部置けるオンラインストレージ

ここで、僕がAmazon Primeでカバーされてるのと同じ機能に対して他の会社に毎月払ってるお金を振り返ってみます。

・音楽ストリーミングのSpotifyに10ドル(約1,100円)
・映画ストリーミングのNetflixに9ドル(約1,000円)
・Dropboxに10ドル(約1,100円)

言い換えれば、僕は毎月29ドル(約3,300円)、年間348ドル(約4万円)を、基本的にはAmazon Primeで手に入るサービスに対して支払ってるんです。しかもAmazon Primeにはこれらプラス2日配送がついてくるんです。もちろん、Amazon Primeはそれぞれの機能において最善ではなく、Netflixにしかない面白い映画もあるし、Spotifyの方がしっくりくる音楽が聞けます。Amazon Cloud Driveも、写真が無料だからといって、他と比べて最高というわけじゃありません。

でも実際、アマゾン以外の会社に余計なお金を払っている自分はバカじゃないかと思わされるものはあります。

Amazon Cloud Storageはみんなが使ってはいなくても、Amazon Primeは本当に不可欠のサービスです。もしお金を本当に節約するなら、僕は他のサービスをやめてAmazon Primeの年99ドル、月で割れば8.25ドルずつだけで生きていけます。無料・無制限の写真ストレージが付いてくる前からそれでも良かったんですが、今はますますその通りです。

何より、Amazon Prime Photosができたことで、アマゾンの戦略の最重要部分がより強固になったのかもしれません。それは、ユーザのハードドライブをあふれさせているデジタルな何やかやをすべて保存する場所になることです。Amazonで買った音楽は保存容量としてカウントされないし、映画もそうです。そして今、写真もカウント対象外になりました。みんながより大きなロッカーを求めている今、アマゾンのロッカーはほとんど底なしなんです。

底なしのロッカーを提供する代わりに、アマゾンはそのエコシステムにより深く入り込んだた顧客を手に入れます。彼らはデジタルなものだけでなく、オムツとかトイレットペーパーとか歯磨き粉なんかもアマゾンで買っています。最終的にアマゾンは、ユーザのありとあらゆる買い物の場になりたいんです。そして何かを無料で差し出すのは、それを実現するためのアマゾン流のやり方です。アマゾンは「買わなきゃ損」みたいなサービスを売り続けることで、ユーザをがっちり囲い込んでいるんです。

アップルにブランドがあり、グーグルにリーチがあるとすれば、アマゾンには無料があります。そして無料に勝るものは、なかなかありません。

***

以上、Aguilar記者でした。たしかに米国Amazon Primeの場合、音楽とか動画コンテンツとか、Kindle使ってれば電子書籍とかも付いてきて、さらに写真も容量制限なく保存できて年間1万円ちょっとなら安いのかもしれません。日本のAmazonプライムは基本的に配送無料がメインで年間3,900円の状態が続いてますが、今後はどうなるんでしょうね。

Mario Aguilar - Gizmodo US[原文12

(miho)