Apple Watchのデジタルクラウン、IBMが10年以上前にやってました

Apple Watchのデジタルクラウン、IBMが10年以上前にやってました 1

アップルが来年発売するApple Watchには画面のタッチ以外にも、竜頭を回しコントロールする、デジタルクラウン機能が搭載されています。この機能、なんとIBM2001年に開発したスマートウォッチ「WatchPad」に搭載されていたんです。

WatchPadでのクラウンの使い方は画面のアイコンを選んで押し込んで選択するというもの。動画をみるとわかりますが、これが実にうまく機能しています。

Apple Watchのデジタルクラウンは画面のスクロールズーム、それに押し込んでホーム画面に戻るという使い方をします。10年以上前のスマートウォッチとApple Watchでは性能は段違いですし、それによってボタン類の使い方も変わって当然。でも、デザイン的に優れたアイデアはいつまでも生き続けるということなんでしょうね。

source: 9to5Mac

(塚本直樹)