DARPAの人型ロボットAtlas、ベスト・カラテ・キッドになる

DARPAの人型ロボットAtlas、ベスト・カラテ・キッドになる 1

「あれは鶴の構え!」

「知っているのか雷電!」

不安定な場所で片足立ち、さらに両腕を羽のように大きく広げる映画「ベスト・キッド」に登場した最強の構え、それこそが鶴の構え。まさか人型ロボットAtlasにやらせるとは思いもしませんでした。

最後、ちゃんとキックも出しています。いやあ、シュールだ。

DARPAと言えば虫のサイボーグ空飛ぶ自動車四つ足ロボットなどを手がけているアメリカの国防省国防高等研究計画庁のロボット。実はGPSやインターネットの起源となったARPANETなども彼らの手による発明でした。

お堅い機関だと思っていたら、こんなお茶目な一面もあるんですね。今度はAtlasに何をさせるのでしょうか。楽しみです。

source:YouTube

(武者良太)