Fitbit、正式にアップルストアから消える

141112fitbit_applestore.jpg

噂が真実に?

Fitbitがアップルストア(オンライン)からその姿を消しました。そのため、検索してもヒット数は「0状態」に。フィットネス系端末がストアから消えるだろうという予想は以前からでていました。その理由は、アップルが自社でフィットネス系サービスを始めたから。HealthKitがある以上、このプラットフォームが同社のイチ押しなのは譲れないわけで、自社店舗からの撤退をライヴァルに願うのは理解できるお話です。FitbitがHealthKitとの連携をもつならば、ストアに残ったのでしょうが、Fitbitはその道を選びませんでした。フィットネス端末の中には、もちろん連携を発表しているものもあり、各社いろいろ思惑があるようです。

ネタ元のMashableに対してFitbit担当者が語った内容によると、Fitbitは今年のフィットネストラッキング系端末市場のシェア69%を獲得しており、アップルストア以外の多くの店舗で売れているといいます。つまり、アップルストアから姿が消えたとしても、売上げには大きく影響しないと考えたようです。連携の道を選ばずに、堂々とライヴァル宣言したということかな。

source: Apple Store(US) via Mashable

(そうこ)