サムスンのGear VR向けの開発キット「Oculus Mobile SDK」リリース

サムスンのGear VR向けの開発キット「Oculus Mobile SDK」リリース 1

モバイルのVRコンテンツをもっと豊かに。

2014年9月、サムスンは高解像度でハイスペックな「Galaxy Note 4」をはめこんで、Oculus Riftと同じように使えるVRヘッドセット「Gear VR」 を発表しました。これは、Google I/O 2014で配られた段ボールVRヘッドセットの「Google Cardboard」に負けじとリリースされて話題になりました。

Oculus VRは11月12日(水)、そのGear VR専用の開発キットとして「Oculus Mobile SDK」のヴァージョン0.4.0をリリースしました。ダウンロード・利用は無料。「非同期性タイムワープ」「ダイレクト・フロントバッファ・レンダリング」「リアルタイムCPUスレッディング」などの機能を使えるとして紹介されていますが、私にはさっぱりです……。

サムスンのGear VR向けの開発キット「Oculus Mobile SDK」リリース 2

またSDKに含まれる「Oculus Cinema」「Oculus 360 Photos」「Oculus 360 Videos」のソースコードはオープンライセンスで使用できるため、VRアプリ開発がスムーズに行えるそうですよ。「Unity 4.5」にも対応しているため、既にUnityで作っていたプログラムをそのままGear VRで走らせることができます。

Mobile SDKは、ここからダウンロードできます。VR開発が初めての人向けに、いくつかの資料も公開されています。現時点ではGalaxy Note 4にしか対応していませんが、Oculus Riftと違ってコンピュータを介さず、どこでもVR体験をできるのは魅力的ですよね。

source: Oculus VR

(徳永智大)