これも愛情。iPhoneの写真をバックアップできるルーター

これも愛情。iPhoneの写真をバックアップできるルーター 1

にはいろんな形があるんです。

これもその形のひとつ。バッファローは新しいブロードバンドルーターセット「WZR-S1750DHP」を発表しました。IEEE802.11 ac/n/a/g/b対応のブロードバンドルーター本体と、32GBのUSBメモリがセットになっています。本体のスペックはこちらをどうぞ。

なぜUSBメモリが?というと、そのUSBメモリにiPhoneの写真をバックアップできるんです。

これも愛情。iPhoneの写真をバックアップできるルーター 2

iPhoneで専用の「写sync」アプリを使って、アップロードを開始。同時にファイルサイズ1/100のプレビュー画像を自動生成してiPhoneに残してくれます。

カメラロールから写真を削除しても、プレビュー画像はiPhoneに残ります。つまり、画質は落ちますがオフラインでも内容を確認でき、必要ならばネットワーク経由で元データをダウンロードできるしくみ。

「パソコンへのバックアップが苦手なママでも、iPhoneの容量をあけられるように」というのがテーマなようですが、ママじゃなくてもにこれは確かに便利そう。DropboxやOneDriveなど、オンラインストレージへのカメラアップロードを個人規模で実現した感じです。

ちなみに、写真のアップロードはローカルネットワーク内で完結するのかな? と疑問に感じたのでメーカーに問い合わせたところ、「『写sync』アプリはローカルネットワーク内で完結できる」と答えが帰ってきました。つまり自宅で写真をアップロードする際の流れは、「iPhone」→「Wi-Fi」→「親機」→「USBメモリ」というルートでしょうか。

これも愛情。iPhoneの写真をバックアップできるルーター 3

なお、「写sync」アプリのユーザーIDとパスワードを共有すれば、他のiPhoneからも写真をダウンロードできるとのこと。遠方の家族に写真を見せたい。という場合にも活躍してくれるのではないでしょうか。

直販価格で2万2,464円となっています。

source:バッファロー

(小暮ひさのり)