iPhone 6/6 Plusは脅威の4K動画再生に対応していた…?

141126niphone4k1.jpg

スマホで4Kは当たり前の時代。

最近何かと盛り上がっている4K。Nexus 6が4Kでの動画撮影をサポートしていたりと対応デヴァイスも広がっていますが、どうやらiPhone 6やiPhone 6 Plus4K動画の再生に対応しているみたいなんです。

この事実を発見したのは、MacからiOSデヴァイスにファイルを転送するアプリ「WALTR」の開発者。試しに4K解像度の動画をiPhone 6に転送してみたら再生できちゃった! というわけなのです。アップルは公式にはiPhone 6/6 Plusの再生可能解像度として4K動画は謳っていませんから、公式スペック以上の性能を秘めていたということになりそうです。

141126niphone4k2.jpg

こちらは4K解像度(3840×2160ドット)・50Mbpsの動画を再生した様子。特にコマ落ちもなく、スムースに再生されています。

iPhone 6の画面解像度は1334×750ドット、iPhone 6 Plusは1920×1080ドットなので4K解像度動画をドットバイドットで再生しているわけではありませんが、それでも綺麗ですね~

141126niphone4k3.jpg

こちらは4K解像度(3840×2160ドット)・100Mbpsのヴィデオを再生した様子。ここまでビットレートを上げると、さすがにコマ落してしまうみたいです。もしかすると、公式に4K解像度ヴィデオへの対応が謳われていない理由はこのへんにあるのかもしれませんね。

また、iPhone 6/6 Plusよりさらに高速なプロセッサを搭載したiPad Air 2でも4K解像度動画が再生できるという報告も上がっています。iPhone 6/6 Plusのために新開発されたA8プロセッサ、只者ではありませんね。

source: TUAW via MacRumors

(塚本直樹)