iPhone 6 Plus買うとiPad使わなくなる、の図

141125iphone_vs_ipad_pocket.jpg

iPhone 6と6 Plus買った人はiPad使う回数がガック~ンと減ることがPocketの調べでわかりました。

この図は、Pocket(気になる記事・動画を保存しておいて後で読める人気モバイルアプリ)がまとめたものです。200万回の閲覧で使われた使用端末を調べ、iPhone 5/5sから6/6 Plusに機種替えする前と後を比べてみました。

すると、iPhone 5/5sとiPadを両方持っている人は、iPhoneで読むコンテンツは全体のうち55%で、iPadで読むコンテンツは45%という具合に大体拮抗していることがわかりました。Androidはもともと大画面なのでスマホが80%でタブレが20%。それに比べると、だいぶiPadが健闘してます。

ところが、iPhone 6を買った人は、iPadの出番が28%に減ってるのです。iPhone Plusに至っては20%で、Androidと並んだ格好。

特に差が顕著なのは動画閲覧回数で、iPhone 5/5sの人よりiPhone 6の人は16%多く視聴し、iPhone 6 Plusの人は40%近く多く視聴しています。

また、週末の試聴回数はiPhone 6 PlusユーザーがiPhone 5/5sユーザーより67%も多く、iPhone 6は35%多いという結果。外で遊びまわってる間もiPadは家でポツネンと留守番…ということなんでしょうね。

ちなみに通勤中においてPlus族はiPhone 5/5s/6族より読む回数が22%少ないのだとか。予想通りと言えば予想通り?

source: Pocket

(satomi)