iPhoneのデフォルト検索機能がYahooやBingになる可能性アリ?

141126nappleserch.jpg

Yahooとマイクロソフトの反撃が始まる…?

ブラウザのFirefoxがYahooをデフォルトの検索エンジンに変更したニュースには驚かされましたが、それに続いてiPhoneなどのiOSデヴァイスデフォルト検索エンジンYahooかBingに変更されるのではないか、と海外サイトのThe Informationにて報じられています。

アップルは2007年からグーグルを標準の検索エンジンに設定してきましたが、この契約は2015年に終了します。それにともない、後継の検索エンジンとして名乗りを上げているのが「Yahoo」とマイクロソフトの「Bing」。現時点でも自分で選択すればiPhoneでどちらも利用することはできますが、デフォルトで設定されているのといないのでは使用頻度は天と地の差。これは大きなビジネスの変更となりそうです。

アップルはグーグルマップに変わる独自の標準マップアプリを開発したり、YouTubeアプリをiOS 6から削除したりと徐々にグーグルとの距離を広げてきました。さらに、YahooのCEOを務めるマリッサ・メイヤー氏はアップルにYahooを標準検索エンジンとして設定するように迫ったり、マイクロソフトのBingもSiriの検索エンジンに採用されたりと、他社も動きを活発化させています。

標準の検索エンジンに採用されるかどうかは企業にとっては一大事ですが、私達の利便性にどう影響するのかも気になりますね。昔のタブブラウザでは検索ボックス横のメニューだけで検索エンジンが変更できる…みたいなデザインもありましたが、ともあれユーザでも簡単に変更できるようになるといいですね。

source: 9to5Mac

(塚本直樹)