+αが充実しすぎ。空港のハイソサエティラウンジも使える「JAL CLUB EST」は20代なら狙うべき

Sponsored

+αが充実しすぎ。空港のハイソサエティラウンジも使える「JAL CLUB EST」は20代なら狙うべき 1

若いっていいな。いいことだらけだな。

働き盛りの20代ともなると、ビジネスに東奔西走、プライベートに南征北伐と長距離移動することが少しずつですが増えてきます。効率よく、目的地まで短時間で移動するなら移動手段は飛行機がマスト。となると、マイルを貯められるクレジットカードが必要不可欠ですよね。

そのカードに、さらなる+αの魅力をトッピングしたのが「JAL CLUB EST」。空の旅を快適にしてくれたり、毎日の買い物をお得にしてくれたりする旨味たっぷりのサービスなんです。20代だけの限定ですけどね!

特典がゴージャスな「JAL CLUB EST」

+αが充実しすぎ。空港のハイソサエティラウンジも使える「JAL CLUB EST」は20代なら狙うべき 2

JAL CLUB EST」は普通カード&CLUB-Aカードならカード年会費に+5,400円/年、CLUB-Aゴールドカード&プラチナカードなら+2,160円/年で入会できます。このカードの特典がすごい

一気にこれだけの特典サービスを受けることができます。

・ゴージャス隠れ家な国内線「サクララウンジ」を利用可能(年3回まで)

・足下ひろびろな国内線座席「クラス J」にアップグレード可能(年10区間分まで)

・国際線利用時にJALビジネスクラスカウンターを利用可能

・マイルの有効期限が36か月から60か月に延長

・搭乗ボーナスがより多くたまる

・ショッピングマイルが2倍(特約店は4倍)

隠れ家のような落ち着いた雰囲気とゴージャスさを感じる「サクララウンジ」が利用できますし、普通席と比べて18cmも広くてゆったりな「クラスJ」への座席アップグレードも可能です。しかも「クラスJ」へのアップグレートは1区間+1,000円のサービスなので、JAL CLUB ESTの年会費と比べてもこれだけでも元がとれる計算なんです。

国際線利用時にはスムーズにチェックインできるビジネスクラスのチェックインカウンターが使えて完璧ストレスフリー。それからマイルのボーナスも充実しています。年会費3,240円の「JALカードショッピングマイル・プレミアム」は「JAL CLUB EST」の年会費に含まれているので旨味抜群、空港だけでなく買い物のシーンでも特典が活きてきます。

出発まで、こころゆくまで仕事&リラックスできる「サクララウンジ」

+αが充実しすぎ。空港のハイソサエティラウンジも使える「JAL CLUB EST」は20代なら狙うべき 3

これだけ特典が充実している「JAL CLUB EST」から、その体験価値をわかりやすく感じられる「サクララウンジ」を体験してきましたよ。

ドーンと広がるモダンな空間。上にも書きましたが「JAL CLUB EST」のサービスを受ければ、国内16空港にあるアッパーな旅人専用待合室サクララウンジが年3回まで使えます。

羽田空港(東京国際空港)のサクララウンジは1回3,000円で利用できるシステムとなっていますが、ここを2回使うだけで「JAL CLUB EST」の年会費の元がとれちゃいます。同行者1名もいっしょに入室OK。いやあ、これは箔がつくというモノ。

141106-IMG_6425.JPG

なお羽田空港のサクララウンジは北ウィング(約390席)と南ウィング(約350席)のそれぞれにあり、北に旅立つ人も南に旅立つ人も、搭乗時間まで思い思いに過ごせます。

それではこのサクララウンジで過ごす出発までの1時間を擬似体験してみましょう。入り口からどうぞ。

この、フロアに通じるまでの廊下がいいんですよね。非日常な空港の雑踏から離れ、居心地よすぎなラウンジまでワープしてきた感じがして。

+αが充実しすぎ。空港のハイソサエティラウンジも使える「JAL CLUB EST」は20代なら狙うべき 4

まず「伝統」、「革新」、「日本のこころ」を表現したJALオリジナルアロマがお出迎え。重いバッグを手にしていても、フッとこころが安らぎます。飛行機に乗るまえだけど、もういい場所きちゃった、と、身体が喜んじゃいます。

+αが充実しすぎ。空港のハイソサエティラウンジも使える「JAL CLUB EST」は20代なら狙うべき 5

受付カウンターもお上品であらまあステキ。ビックリマークなんて使えませんオホホ。

そこからモダンな通路を経て、最初にアクセスできるのはエクスプレスエリア。多くのソファがずらっと並び、搭乗時間まで時間がないときでも落ち着ける場所として作られているんですって。パートナーがいるときは、ここでおしゃべりして過ごすのもいいかも。

ここのソファがまたいいんです。座面は浅めなのに座り心地がよく、リラックスとテンションを共に感じ取れるから、ほんのちょっとだけ腰を落ち着けて休憩したいときにピッタリ。

+αが充実しすぎ。空港のハイソサエティラウンジも使える「JAL CLUB EST」は20代なら狙うべき 6

おっと、仕事のメールを送らないといけないんでした。PCを使っての作業がしやすいライブラリースペースに行きましょう。

ライブラリースペースは1席1席が個室っぽくなっているので、集中力を高めたまま仕事に没頭できちゃいますよ。各席ほとんどコンセントつきでPC&モバイルの充電もバッチリですし、Wi-Fiも使えます。

+αが充実しすぎ。空港のハイソサエティラウンジも使える「JAL CLUB EST」は20代なら狙うべき 7

必要なメールを送ったら、ちょっと一息つきたくなりました。そこでカウンター、ダイニング風テーブルとドリンクバーを完備したバーエリアに足を運びます。

ここではコーヒー、ソフトドリンク、洋酒にビールといった豊富なメニューが僕たちのお越しを待ち受けていました。

+αが充実しすぎ。空港のハイソサエティラウンジも使える「JAL CLUB EST」は20代なら狙うべき 8

仕事のテンションのまま飛行機に乗っても肩こりがキツくなっちゃうので、個室力が高まっているプライベートエリアにムーヴイン。ここはエクスプレスエリアとは逆で、搭乗時間まで誰にもジャマされず自由にすごしたいときにピッタリなスペースです。

+αが充実しすぎ。空港のハイソサエティラウンジも使える「JAL CLUB EST」は20代なら狙うべき 9

ソファも深く座れるものが用意されていますが、さらにオットマンつきのスペースもありました。思わず寝てしまわないように気をつけないと。

+αが充実しすぎ。空港のハイソサエティラウンジも使える「JAL CLUB EST」は20代なら狙うべき 10

時間、もうちょっと余裕ある? だったら日々の疲れが溜まっている身体を癒やすべく、リラックスエリアのマッサージチェアにアプローチです。最新鋭の最高級マッサージチェアってほんとうにスゴい。筋だけではなく、体幹ごともみほぐしてくれるので、10分15分だけでもリラックス度はぜんぜんちがいます。

ワーキング派もリラクゼーション派もこの充実設備なら大満足。さすがJALのお得意さま用おもてなしスペースです。1度ならず2度も3度も行きたくなります。

...って、これだけではありません。サクララウンジ、もっとスゴいんです。

+αが充実しすぎ。空港のハイソサエティラウンジも使える「JAL CLUB EST」は20代なら狙うべき 11

子供と一緒に旅行するならこどもラウンジで遊びながら、ガラス越しにでっかく見える飛行機を待つといいでしょう。赤ちゃんと遊べるクッションプールも完備です。

喫煙室もハイソでモダンな雰囲気。照明が控えめで、搭乗前の一服を特別な味にしてくれます。排煙設備もかなりのグレード。においが全然つかないんですよ。

忙しいビジネスマンにイチオシのシャワールームもあります。サクララウンジのレセプションで受付をしてくれるので、入室時にすぐ利用できるシャワールームがあるかどうかを尋ね、大丈夫ならそのまま直行してシャワシャワしちゃいましょう。

混み合って騒がしいラウンジには長時間いたくないものですが、JALサクララウンジなら、空港入りの時間を2~3時間早めたいくらい、そしてここに泊まりたくなるくらい、マイペースに過ごせる充実した設備に圧倒されっぱなしです。

国内をあちこち移動する20代にとっての最強カードかも

+αが充実しすぎ。空港のハイソサエティラウンジも使える「JAL CLUB EST」は20代なら狙うべき 12

この「サクララウンジ」が年に3回まで使えるんです。「JAL CLUB EST入っておいたほうが絶対にお得というものです。しかし、あらためて記しますが20代だけの限定サービスです。20代未満&30代以上の方は資格なしというのが悲しくて、そして20代が羨ましすぎて。

これだけの手厚いサービスってそうそうないですもん。特に国内をあちこち移動する20代にとっては、メリットだけしかない最強のクレジットカード特典と言っていいはず。

いいなあ。若返りのくすり、ないかなあ。20代のギズモード編集部員と、20代のみなさまがうらやましい限りです!

source: JAL CLUB EST

(武者良太)