Kindle Fireでワシントン・ポストが無料で読めるように

Kindle Fireでワシントン・ポストが無料で読めるように 1

噂通りの展開。

ジェフ・ベゾスがワシントン・ポストを買収してから、彼がそれをアマゾンとどう結びつけるのかについていろいろ憶測されてきました。それが今、明らかになったようです。Kindle Fireユーザーには、ワシントン・ポストのデジタル購読が6ヵ月間無料になると発表されたんです。

ワシントン・ポストは彼らの新アプリが(少なくとも今は)Kindle Fire専用だと言っています。新規の端末にはプリインストールされてくるし、既存ユーザーはアプリストアからダウンロードできます。料金は6ヵ月間完全に無料、次の6ヵ月間が1ドル(約120円)、その後は月単位での購読料になります。月間購読料がいくらになるかはまだ検討中のようですが、ワシントン・ポストの関係者は「月間3~5ドル(約350~590円)になる」と言ってるそうです。

この新アプリについてはかねてからもされていて、「ワシントン・ポストの全国的・国際的読者層を作り上げるため」の作りになっています。なので地域ニュースはなく、より広範囲でのニュースを取り扱うことになります。コンテンツ更新は1日2回、午前5時・午後5時に予定され、必要に応じて号外が入ってきます。デザイン的には雑誌のようにフリックしていくようにできていて、記事をピンチして個別で読んだりもできるようです。

またこのアプリは、2015年第1四半期にはAndroidやiOSにも対応するそうです。戦略としても腑に落ちます。ジェフ・ベゾスは、我々が消費するあらゆるコンテンツの大元になろうとしているんです。まず本でそれを実現し、動画でもその地位を確立しつつあり、次にニュースに手を付けようということですね。ただ、それがみんなに受け入れられるかどうかはまだわかりません。

source:Amazon App StoreAmazonWashington Post

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(miho)