アップル、貴重なウィジェットNeatoを存亡の危機に

141120_neatong.jpg

カスタムキーボードが気に入らない?

先日、iOS 8で初(かもしれない)の便利ウィジェット「Neato」をご紹介したのはつい先日。ただメモを取るだけのシンプルな機能ながら、米国を含め65ヵ国のApp Storeのビジネスカテゴリでトップ10入りする人気でした。

でも、アップルにとっては何かが気に入らなかったみたいです。「App Storeのガイドラインに従っていない」という理由で、ほとんど無価値なアプリに改悪するか、App Storeから削除されるかを迫られてるんです。

問題はNeatoの人気が出てきたのとほぼ同じ頃に持ち上がりました。Neatoによれば、アップルから突然連絡があったそうです。

App StoreでNeatoをフィーチャーしてくれるんじゃないかと期待していたら、アップルが11月10日に電話してきてこう言ったんです。「NeatoはApp Reviewガイドラインのひとつかそれ以上を順守していない」と。彼らはNeatoからキーボードを削除するよう要求してきました。でもNeatoからキーボードを取ったら何も残りません。歩けない馬みたいなものです。

Neatoは通知センター画面に直接書き込めるメモウィジェットで、入力にはカスタムキーボードを使っています。だからキーボードを削除してしまうと、メモができなくなってしまうんです。

Neato側が抗議すると、アップルはこんなつれない回答をしてきたそうです。

貴社のアプリに関する我々の姿勢は変わっていません。(中略)2週間以内にアップデートを送信してください。我々が2週間以内にアップデートを受け取れない場合、貴社のアプリは販売対象から削除される可能性があります。

評価が高く、しかもiOS 8ではカスタムキーボードが使えるってのがウリのひとつなのに、この対応はどういうことなんでしょうね。

米Gizmodo編集部はこの件についてアップルに説明を求めてみましたが、まだ回答はありません。Neatoのデヴェロッパーによれば、計算アプリのPcalcもある日突然アップルから「通知センターの中で計算しちゃダメ」ということで改悪を迫られ、その後やっぱりそのままでOKってことになったりしているみたいです

アップルがウィジェットをどうしたいのかよくわかりませんが、ともあれNeatoを使ってみたい方、削除される前に急いでダウンロードした方がよさそうですよ。

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(miho)