猫でも使える。ドアストッパーを電子楽器にしたら、やたらディープな倍音が出た

昔、掃除機のホースをディジュリドゥ風に吹いて遊んでいたことを思い出しました。

さて、Slaperoo Percussionの天才ちゃんたちが、スプリング式ドアストッパーをハックして電子楽器のプロトタイプを完成させています。これまで何年間も無視されてきたあの日用品にちょっとした道具を装着するだけで、こんな音が楽しめるとは…!

「エレクトリック・ドアストップ」は、スプリングの根元に小さな磁力式ピックアップをつけることで、ドアストッパーのブルブル音を電気信号に変えて1/4ジャックから出力させるというシンプルな楽器。出力後は、気分にまかせて好きなようにエフェクトをかけられるようになります。

今のところは単なるプロトタイプですが、Slaperoo Percussion曰く「みんなの関心が高ければこのドアストッパーを発売するかもしれない」とのこと。彼らはすでに別のパーカッション楽器を発売していますが、こちらも超シンプル設計。今回の楽器が本当に商品化されてもおかしくない雰囲気はありますね。

ちなみにスプリング式ドアストッパーは、その特性上、猫でも弾ける楽器となっております。

猫をバンドメンバーとして迎えるには良いチャンスかも?

source: Slaperoo via Synthtopia

Mario Aguilar - Gizmodo US[原文

(Rumi)