ホンダ、運転支援システムを開発。年内発売車種にもさっそく載せるみたい

ホンダ、運転支援システムを開発。年内発売車種にもさっそく載せるみたい 1

事故に遭わない社会を目指して。

ホンダは安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を発表しました。年内に発売を予定している「LEGEND」から適用されるそうですよ。

このシステムは、フロントに搭載された単眼のカメラとフロントグリル部分に設置してあるミリ波レーダー異なる2つのセンサーを使うことで実現したそうです。これらのセンサーは従来のものより性能が向上していて、これまで検知するのが難しかった歩行者までも、より高い精度で認識できるようになりました。世界初も含めて6つの機能があります。

1.衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)

ホンダ、運転支援システムを開発。年内発売車種にもさっそく載せるみたい 2

前走車に加えて、対向車歩行者も対象になっています。歩行者が対象になっている点は国内初。さらに、対向車線からはみ出して衝突する危険性がある場合、音とステアリングの振動の2方向から警告してくれます。さらに回避が間に合わない場合は、ブレーキが作動して衝突の衝撃をおさえるんだそう。

2.歩行者事故低減ステアリング

ホンダ、運転支援システムを開発。年内発売車種にもさっそく載せるみたい 3

路側帯の白線と歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検知するシステム。約10km/h~約40km/hで走行している時に作動します。車と感知した人の衝突予測がたった際、音での警告に加えて、ステアリングを回避方向へ制御し、事故を防いでくれるんです。ちなみにこれは世界初の新機能なんだそう。

3.標識認識機能

ホンダ、運転支援システムを開発。年内発売車種にもさっそく載せるみたい 4

フロントガラスにあるカメラによって、標識を認識し、インフォメーションディスプレイやヘッドアップディスプレイに表示するシステム。現状では標識への注意を促進するために表示するだけのようです。でも、いずれはきっと、一時停止部分ではしっかり停止し、速度制限エリアでは上限以上の速度にならないように調整可能なレベルになるんじゃないでしょうか。

4.路外逸脱抑制機能

カメラで走行車線を認識。はみ出そうな時はステアリング振動と表示によって運転手に警告します。さらに車線内に車を戻すようにステアリングを制御します。ちなみに、大きくはみ出てしまう場合はブレーキをかけて路外に逸脱してしまうのを防いでくれるんだそう。

5.LKAS(車線維持支援システム)

路外逸脱抑制機能と似てますが、65km/h以上で走行している際作動するシステム。これは、嘆願カメラで車線を認識して、運転中の車が走る位置を真ん中に維持できるようにステアリング操作を支援するもの。これによって運転負荷軽減が見込めるようですよ。もちろん、はみ出そうになった場合はステアリング振動で運転手に警告します。

6.渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール

前を走る車との車間距離と速度差を検知するシステム。停止している状況(0km/h)から作動するようキャパシティが広げられたため、渋滞時における運転負荷の軽減が見込まれます。このシステムが普及していけば、渋滞緩和だって見込めそうです。

***

最近では、グーグルによるドライヴァーレスカーの開発など、自動運転システムがどんどん発展しています。自走車が一般発売されるのにはまだまだ時間がかかりそうですが、その礎としての安全運転支援システムも着々と浸透していきそうです。

車もどんどん進化するわけです。

source: Honda, 日経テクノロジーオンライン

(okeyuhi)