グーグルグラス装着しながら行なうグーグルグラスレビュー

見ていて楽しいレビューです。

映画監督でありYouTuberでもあるCasey Neistatさんが、グーグルグラスを使ってグーグルグラスのレビューをしています。つまり、レビューの一部始終をグーグルグラスで撮影しているわけです。

グーグルグラスが開発者版兼アーリーアダプターへの製品として世に出て約1年半。リリースされている国では、ぼちぼち一般の人の認知度もあがり、一目でグーグルグラスとわかってもらえるまでになってきているようです。レビューのポイントは以下に。しかし、動画を見ていて思う1番のグーグルグラスのポイントは、グーグルグラスを付けているということでしょう。動画冒頭にある「それグーグルグラス?」と言われまくっているとこ、いいですね。

ポイント1:セルフィーするには鏡が必要。

ポイント2:バッテリー保ちが問題、45分しかもたないというね…。

ポイント3:最大の利点は常にカメラがスタンバっているということ。

ポイント4:最大の難点はオシャレにかけることは不可能。セグウェイがどこか間抜けな雰囲気が抜けないのと同じだとか。

ポイント5:カメラ以外の使い方をしようと思っても、ついカメラが中心になってしまう。これは周りの人も同じで、やっぱり興味はカメラに集中する。

source: YouTube

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(そうこ)