アップルがメガネ型コンピュータを作ったらこうなる?

アップルがメガネ型コンピュータを作ったらこうなる? 1

腕時計とメガネ、どっちが主流になるのか。

世はウェアラブル全盛期。アップルは腕時計型コンピュータの「Apple Watch」を発表しましたし、グーグルのメガネ型コンピュータ「Google Glass」もますます完成度を高めています。

でも、もしアップルがグーグルを倣ってメガネ型コンピュータを作ったら…というコンセプトイメージがこの「Apple Glass」。ファンによる作品ですが、アップルらしいスマートさが各所に散りばめられています。

アップルがメガネ型コンピュータを作ったらこうなる? 2

まずこれが全体図。ぱっと見、普通のメガネと変わりません。Google Glassと同じように右側のフレームにコンピューターが付属していますが、これくらい普通のメガネに近いデザインなら、ちょっと日常生活でも試してみたくなりますね。

アップルがメガネ型コンピュータを作ったらこうなる? 3

イメージはプロジェクターでメガネのガラスに直接照射します。それにしても、コンセプトイメージではプロジェクターってほとんど必ずと言っていいほど登場しますよね。現実の製品にはあまり取り入れられることが少ない気もしますが、サイズや消費電力の問題があるのでしょうか?

アップルがメガネ型コンピュータを作ったらこうなる? 4

アップルがメガネ型コンピュータを作ったらこうなる? 5

メガネ型コンピュータではおなじみのナヴィゲーション機能買い物アシスタント機能も当然装備している想定。これなら、スマートフォンの画面を見ながらウロウロして人とぶつかる心配もないかもですね。

ウェアラブル・デヴァイスといえば、今のところ広まっているタイプは手首につけるバンド型。スマートウォッチはまだまだ発展段階だし、メガネ型コンピュータはどれくらい消費者に受け入れられるのか全く未知数です。でも、今後テクノロジー企業が起こすイノヴェーション次第で、私達の未来の暮らしは想像しているものとずっと違うものになるかもしれません。Apple Glass、まんざらでもないのかも。

source: handybus.de via RedmondPie

(塚本直樹)