執筆意欲をそそるテキスト入力専用マシン

141105Hemingwrite.jpg

これはそそられる!

Hemingwrite」は、テキスト入力に特化したマシンです。日本でのポメラのような立ち位置でしょうか。

ディスプレイは6インチで、Kindleなどで使われているE Inkを採用。キーボードはCherry MXのキーが使われています。何色の軸なのかなー。

バッテリーはフル充電すれば6週間は使える模様。1万ページ以上は本体のメモリ上に残しておけます。

ファイルの保存は、クラウドサービスを使用。EvernoteやGoogleドキュメントが利用可能です。その他のクラウドサービスも設定次第で利用できるようです。

現在はプロトタイプの段階。トップ画像は完成予想図。これが製品化されたらぜひとも欲しい。レトロなデザインが、なんとなく執筆意欲をかきたててくれそうじゃありませんか。

source: Hemingwrite

(三浦一紀)