注射の失敗が無くなる、血管の位置を確認できるガジェット

ようやくあの痛みから解放される日がくるかも…。

注射される時の痛い原因の一つが、上手く血管に刺せていないことなんです。血管の大きさや見え方は人それぞれなので、探すのが難しいんですよね。経験を積んだ医者に診てもらうのが一番なんですけど……。

そんな問題を解決し、正確な位置に注射針を刺せるようにする画期的なガジェットが開発されました。

注射の失敗が無くなる、血管の位置を確認できるガジェット 1

このガジェットを血管を探したい場所に向けて当てることで、肌の薄さなどに関係無くはっきりと血管が浮かび上がります。これは血液中に含まれるヘモグロビンが、赤外線を吸収する性質を利用しています。赤外線ライトを腕に当てて血管の位置を正確に判別し、血管の地図を腕に投影するんです。

オーストラリア赤十字の血液銀行が世界に先駆けて採用し、すでにシドニーの病院で使われ始めているようです。そこで900人のドナー患者に使用され、その効果が試されます。

デザインはなんだか古くさい印象を受けますが、これは世界中で使われるべきテクノロジーですよね。

source: Australian Red Cross Blood Service via Co.Design

(徳永智大)