カーペットでできた自転車とは何事ですか?

カーペットでできていますと言われても、何がなんだか…。

自転車というのはガジェット心をくすぐるもので、アクセサリはもちろん本体も多種多様。段ボールでできていたり、カーボンファイバー製だったり、本当にいろいろあるのです。しかし、カーペットで自転車作ったというのには、目が点になりました。

この自転車、コンセプト商品ではなく実際に購入できるのです。子ども用自転車は、カーペットを再利用した素材でできています。米国内で集められた使用済みカーペットの裏をはがし、細かく分解しレジンペットへと作り替え、それを自転車パーツの型にはめて作ったのがこれ。なんと賢い。また、三輪車としても活用でき、フレーム自体を調整することで子どもの年齢とともに使いこなせるという、賢さが何重にもなった仕組みになっています。お値段は299ドルとなってます。

source: Wishbone via Design Milk

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(そうこ)