デヴィッド・ボウイの新曲が驚くほどジャジーでダーク

デヴィッド・ボウイの新曲が驚くほどジャジーでダーク 1

CDにして3枚組の最新のコンピレーション・アルバム「Nothing Has Changed」が、アメリカやイギリスなどで18日にリリースされたばかりのデヴィッド・ボウイ

そこに「Sue (Or In a Season of Crime)」という新曲が収録されているんですけど、その曲がビックリするほど、ジャジーダークなんです。それは昔なつかし、ヒッチコックの往年の名サスペンス映画や、フランスのギャング映画の大家、ジャン=ピエール・メルヴィル/アラン・ドロン主演の1960年代の作品なんかに使われるたら、ハマリすぎるくらいにハマりそう。しかも、このミュージック・ビデオが曲と同じくらいに暗いんです、これが。

ちなみにこのボウイの新曲は、ブラジル音楽界の大物、ミルトン・ナシメントが1972年に発表した代表曲「Caes」によく似ていると一部で話題になっています。奇しくもこれに気がついたのはブラジルのメディアではなく、フランスの新聞「ル・モンド」のジャーナリストだったんですけどね。

こういう話を聞くと、改めて、音楽には国境がない、ということに気付かされますね。で、盗作疑惑の真偽のほどは?

Jesus Diaz - Gizmodo SPLOID[原文

(沢田太陽)