ホームデポで顧客データ流出。原因はWindowsの脆弱性?

ホームデポで顧客データ流出。原因はWindowsの脆弱性? 1

はい、入れ替え作業しますね。

今週頭に、ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)の報道で、ハッキングによる顧客情報流出が明らかになった米大手ホームセンターのホームデポ。5,600万件のクレジットカードアカウント、5,300万件の顧客Eメールアドレスが漏れたようですが、その後の調査で、これは支払システムのセキュリティに問題があったのではないかという話がでてきました。そして、その原因の最たるものは、メインコンピューターネットワークにあるWindowsの脆弱性だという結論に至ったということです。

WSJの報道では、情報流出が明らかになったあと、すぐにマイクロソフトがセキュリティパッチで対応したということですが、時すでに遅し。ハッカーはすでにホームデポの情報あれこれにアクセスできる状態になっていたというのです。ホーム・デポは、対応策として上級役員の端末をMacBookとiPhoneに変更。

しかし、Macにすれば100%安全という話ではありません。今回のホームデポのハッキングは、自社のシステムそのものよりも、WindowsのOSの脆弱性に原因があったということですが、今後、ますますのセキュリティ対策強化が求められていきます。

source: 9to5Mac

(そうこ)