YouTube、サブスクリプション制サービスを発表

これでやっと、煩わしい広告ともオサラバですね。

YouTubeがサブスクリプション制の音楽サービス、YouTube Music Keyを発表、ベータ版が来週にも公開されます。ひと月あたり10ドルを払う事で、広告なしで音楽や映像を楽しむ事ができるようになります。

しかし、これはただ広告を無くす為のサービスではありません。YouTubeのブログで、Music Keyの他の機能が発表されています。

このサービスにはGoogle Play Musicへのサブスクリプションも含まれており、3,000万以上の曲と、専門家によるプレイリスト、そして近く、YouTubeオフィシャルのミュージックビデオがアプリから直接閲覧可能になります。

しかも、オフラインプレイバックにも対応するそうです。

ベータプログラムへの招待状を受け取ると、最初の6ヶ月はフリーで楽しむ事ができ、その後はひと月8ドルで利用を続ける事ができます。コメントなどで頼み込む以外に招待状を受け取る方法は今のところ分かりませんが、発見され次第記事にします。

YouTube、サブスクリプション制サービスを発表 1

報告が確かなら、既にいくつかのインディーズレーベルが参加しているそうです。

サービスの発表と同時に、YouTubeはアプリのデザインをSpotify風に変更し、音楽とプレイリストに注目が集まるレイアウトにしました。

これにより、YouTubeはSpotify、Beats、アマゾン等他のストリーミングサービスと直接対決する事になります。Google Playは既にSpotifyも一目置くライバルですが、このサービスはそこに更なる付加価値を加えた物になりそうです。もしかしたら、今使っているストリーミングサービスからYouTube Music Keyへスイッチする日も近いかも知れませんね。

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(scheme_a)