1960年代のNY地下鉄、古くて新しい秘蔵写真が公開

1960年代のNY地下鉄、古くて新しい秘蔵写真が公開 1

まるで昨日もそこにたたずんでたような。

都市の景色ってどんどん変わっていくものだし、変化のスピードは、都会であればあるほど早いような気がします。でも世界有数の都市であるニューヨークで、意外なほど変わっていないものがありました。それは地下鉄の風景です。写真家のダニー・ライオン氏が撮った1966年のニューヨークの地下鉄の未公開写真が発表されたんですが、それは48年も前とは思えないくらいの身近な印象なんです。

ニューヨーク・ブルックリン生まれのライオン氏は1960年代から70年代のもっとも影響力のある写真家として知られ、あらゆるものの姿を率直な視点で捉えてきました。たとえば60年代米国中西部のモーターサイクル・ギャング(日本でいえば暴走族)とか、当時のローワー・マンハッタンの急速な変化を捉えた作品などがあります。

今月、ニューヨークの地下鉄を運営するMTAがライオン氏のほとんど知られていない作品集「Underground:1966」の展示を始めました。MTAによれば、これはライオン氏が母親の一言をきっかけに撮った作品集だそうです。

ライオン氏は1966年後半にニューヨークシティに戻ったが、そのとき彼の母親がこんな助言をした。「退屈したら、地下鉄の中の誰かに話しかけてごらん。」

彼はその通りにしてみました。以下の写真は1966年に撮影されたものですが、これまで公に展示されたことはありませんでした。

1960年代のNY地下鉄、古くて新しい秘蔵写真が公開 2

過去の時代に対する印象って、その時代を記録したテクノロジーに影響される部分がかなりあります。たとえば19世紀の記録は銀板写真を通して見ているので、ちょっと暗くて怖いイメージがあったりします。モノクロの時代とカラーの時代では、我々の捉え方も大きく違います。

でもライオン氏が地下鉄で撮ったポートレートは、テクノロジー的にそんなに古いわけではありませんが(彼が使ったのはミディアムフォーマットのローライフレックスとコダックのカラーフィルム)、それにしたって全然古さを感じません。たしかに服装とか地下鉄の内装・外観とか、ホームに置かれた有料体重計兼占いマシンとか、今と違う部分はあります。でもそこにいる人の表情とか場の空気感は、もしかしたらInstagramでレトロな写真の印象に慣れたせいかもしれませんが、まるで昨日撮ったかのようにに見えます。

こちらの作品集は今後1年間、ブルックリンのアトランティック・アベニュー=バークレーズ・センター駅で展示される予定です。

1960年代のNY地下鉄、古くて新しい秘蔵写真が公開 3

1960年代のNY地下鉄、古くて新しい秘蔵写真が公開 4

1960年代のNY地下鉄、古くて新しい秘蔵写真が公開 5

1960年代のNY地下鉄、古くて新しい秘蔵写真が公開 6

1960年代のNY地下鉄、古くて新しい秘蔵写真が公開 7

1960年代のNY地下鉄、古くて新しい秘蔵写真が公開 8

1960年代のNY地下鉄、古くて新しい秘蔵写真が公開 9

images by: Danny Lyon, courtesy Edwynn Houk Gallery, New York / Zurich

source: MTA

Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文

(miho)