映画「2001年宇宙の旅」で使われなかった幻のサウンドトラック

あなたはどちらが好きですか?

映画「2001年宇宙の旅」を代表する曲である、リヒャルト・シュトラウスが1896年に作曲した交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」。他の映画作品やTVコマーシャルなどでも、この音楽を使った「2001年宇宙の旅」へのオマージュが見られますよね。他にも「美しく青きドナウ」など、同映画には様々なクラシック音楽が使われています。

でも、実は監督のスタンリー・キューブリックは、クラシック音楽を使うのではなく、ある一人の作曲家を雇っていたんです。その作曲家はアレックス・ノースで、1960年にキューブリックが監督をした映画「スパルタカス」で共に仕事をしていました。ノースが曲を作ってくれたにも関わらず、キューブリックはそれを使わず、現在の音楽が採用となったようですよ。ノース本人も、映画が封切られるまでそのことに気付かなかったみたいです。

そしてその時作られ、忘れ去られていた40分にもわたる13曲のサウンドトラックがRdioで聴けるようになりました。残念ながらまだ日本からは利用できませんが、YouTuberのRobert Beardsleyさんが編集したノースの音楽で始まる「2001年宇宙の旅」のオープニングシーンから、その雰囲気を感じ取れます。

個人的には、キューブリックは正しかったと思います…!

source: The Playlist

(徳永智大)