グーグルグラス、2015年から「インテル入ってる」に?

グーグルグラス、2015年から「インテル入ってる」に? 1

来年こそ大ブレイク~。

ウェアラブルガジェットの最先端を行くとの期待も大きかったグーグルグラス。ただ、このところ失速を伝える話まで飛び交ってきたり、なんとなく雲行きが怪しくなっていたように思えます。でも、2015年登場の新ヴァージョンから再飛躍を期待できるかもしれませんよ。

WSJによれば、これまでTexas Instruments製のチップを採用していたグーグルグラスですが、来年からはインテル製新チップへと切り替わる可能性が高いんだとか。もちろん、まだ正式な発表があったわけではないので、どのモデルのチップが搭載されることになるかも定かではありません。しかしながら、グーグルはドライヴァーレスの自動運転車にXeonチップを、テレビに接続する「Nexus Player」にAtomチップを採用してきた経緯もあります。これをふまえると、グーグルグラスがインテル入ってるの新ヴァージョンへシフトしても不思議ではなさそうですよ。

なお、グーグルグラス進出におけるインテルの最大の狙いは、製造業界や医療機関など、業務用途でウェアラブルガジェットの活用を加速させていくことにあるとも伝えられています。来年は企業でのウェアラブル導入がキーワードになっていったりもするのかな…。

source: WSJ

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)