アップル、4インチの「iPhone 6s mini」発売で来年は3モデル体制に?

141224niphone6smini.jpg

3サイズあればもう迷うことはなさそう?

4.7インチのiPhone 6や5.5インチのiPhone 6 Plusは見やすいけど、もうちょっと小さいサイズのiPhoneが欲しい…という方には朗報かもしれません。アナリストのTimothy Arcuriさんによると、アップルは現在「4インチサイズの新型iPhone」を開発しているそうなんです。

Arcuriさんのレポートによると、アップルは来年3サイズのiPhoneを発売する可能性があるそうです。そのうち4インチのディスプレイを搭載するモデルは「iPhone 6s mini」の名称になるとのこと。なんだかiPadとiPad miniの関係みたいでわかりやすいですね。

また、このiPhone 6s miniのスペックはiPhone 5sと似たもの、つまりiPhone 6sからは1段性能の低いローエンドモデルになるそうです。デザインはiPhone 6の流れをくむカーヴした形状になるとのことで…なんだか、昨年発売されたiPhone 5cを思い出しますね。プロセッサにはクアルコムのものが採用されるかもしれないとも報告しています。

iPhone 6/6 Plusは大型スクリーンを搭載して非常に好調なセールスを続けていますが、片手で操作できる4インチ程度の端末を求める声も根強くあります。4インチ・4.7インチ・5.5インチと好きなサイズが選べるようになれば、消費者にとっても願ったりかなったりですが…どうなるんでしょうね?

source: Apple Insider

(塚本直樹)