ソニーの12インチ・4Kタブレットは意外な値段で来年前半発売?

来年は12インチタタブレットが熱い?

現在ソニーが開発中と噂される、12インチのハイスペックタブレット端末。名称は「Xperia Tablet Z4 Ultra」になるなんて情報もありますが、今回台湾のニュースサイト経由で同端末は来年前半に発売されるとの情報が伝わってきました。また量産も近日はじまるとのことで、いよいよその登場が現実味を帯びてきましたね

このタブレット端末はもちろんハイエンド市場向けとなるのですが、その価格は1,000ドル(約12万円)を超えるそうなんです。タブレット端末が約12万円…って高すぎ? もし本当なら、ハイエンドの中でも業務用など特殊な市場向けの製品になるのかもしれません。他社を見ると、アップルも12.2インチ(一説には12.9インチ)の「iPad Pro」を来年発売するとされています。12インチのタブレット市場にはマイクロソフトのSurface Pro 3もいますし、ソニーがこのセグメントに参入すれば一気に盛り上がりそうです。

ソニーの12インチタブレットは12.9インチ・3840×2400ドットディスプレイやクアルコム製プロセッサを搭載し、背面カメラは800万画素で本体厚8.6mmの薄型タブレットになるそうです。来年1月に開催される総合展示会「CES 2015」で発表されるとも伝わってます。12インチタブレットが生活をどんな風に変えることができるのか、楽しみですね。

image by Brad Camembert / Shutterstock.com

source: DigiTimes

(塚本直樹)