Apple Payの競合相手になりたいサムスン

2014.12.18 12:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

141218samsungversionofapplepay.jpg


え! うちもやりたい、Apple Payみたいなやつ!

アップルが今年始めたモバイル決済サービスApple Pay、成功の道を歩き始めていると言えます。とすれば、おもしろくないのはライバルである他社。モバイル端末での支払システムうちもやりたい、来年リリースしたいと言っているのがサムスン。ネタ元のRecodeは、サムスンがモバイル支払を扱うスタートアップ企業LoopPayと提携すべく話し合いをしていると報じています。

話し合い段階という報道なので、上手くまとまるかどうかはわかりません。が、サムスンが求めるのは、LoopPayとパートナーとなり自社の支払システムを作り出すこと。サムスン端末の多くは、Google Walletなどの他社サービスを使うことは可能です。が、サムスンが欲しいのは自分とこのサービスなのです。

LoopPayは、現在スマートフォンに小型の別端末をくっつけて使うスタイル。大きな利点として、クレジットカードをスライドして読みとることが出来るので、Apple Payよりも多くの場所で使用できるという点があります。しかし、一方で、LoopPayのCEOが、今月初めにRecodeに語ったところによりますと、この技術を別付けではなくスマートフォンに内蔵しようと開発中だというのです。サムスンとの提携は、まさにLoopPayの考える付属品なしでの支払システムを実現するもの。

しかし、これまたとある情報通がRecodeに、サムスンの支払システムは指紋認証を使うと語ってもいます。ほほぅ、正直Galaxy S5の指紋認証がまぁまぁな動きなので心配になりますけどね…。

来年は、米国でモバイル決済戦争が激しくなるのでしょう。


source: Recode

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文
(そうこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア