Apple Pay、来年にはアメリカのガソリンスタンドに進出予定

Apple Pay、来年にはアメリカのガソリンスタンドに進出予定 1

続々とパートナーが増えていきますね。

iPhone 6やiPhone 6 Plusに搭載されたモバイル決済システム「Apple Pay」がさらに活躍の場を広げそうです。石油会社のシェブロンは公式のツイッターアカウントで「2015年の早い時期ガソリンスタンドでApple Payが使えるようにしたい」と投稿しました。数時間後には「具体的な時期についてはまだ決まっていないよ」と訂正のツイートもおこないましたが、同社が新たな支払いシステムの導入を検討していることは間違いなさそうです。

シェブロンはApple Payへの参入を早い時期から明らかにしており、すでに店内のレジではApple Payの取り扱いを開始しています。今回の話は給油機での支払いもApple Payが使えるようになるということ。給油したらピピっとマシンにタッチしてGo! がもうすぐ可能になるんです。

Apple Payは現時点ではアメリカ国内でのサービスがメインとなっていますが、2015年からはイギリスを含む、他国でも本格的に展開する予定です。ただ、すでに日本で普及しているおサイフケータイやSuicaのインフラとどのように共存していくのかは、まだ不明です。

source: Twitter 1,2 via MacRumors

(塚本直樹)