アップルのCarPlayとグーグルのAndroid Auto、動画で比べてみると…

どっちが好み?

今後はありとあらゆるものがインターネットに繋がる「IoT」(Internet of Things)がトレンドになると言われていま。そのわかりやすい例が、車がスマホと連携してインターネットに繋がるアップルの「CarPlay」グーグルの「Android Auto」です。それでは2つの違いはどこなの?という疑問に応え、2015年モデルのヒュンダイ・ソナタで試してみました。

アップルのCarPlayとグーグルのAndroid Auto、動画で比べてみると… 1

こちらはアップルが提供するCarPlay。グーグルのAndroid Autoに比べると機能はシンプルで質実剛健なイメージです。できることは電話・音楽再生・地図の閲覧・メッセージ・今再生している曲・ポッドキャスト

操作は音声アシスタントのSiri経由、あるいはステアリングのボタンかタッチパネルでおこないます。操作体系はiOSととても良く似ていて、普段iPhoneを使っている人なら迷うことはなさそうです。

アップルのCarPlayとグーグルのAndroid Auto、動画で比べてみると… 2

こちらがグーグルのAndroid Auto。グラフィカルで見やすいインターフェイスですね。カードが並ぶインターフェイスはGoogle Nowに酷似しています。UIのデザインはつい先日リリースされたAndroid 5.0 Lollipopにそっくり。

搭載されている機能はグーグルマップ・電話・メッセージ・Google Play Musicなどなど。実質CarPlayとほとんど一緒です。操作はGoogle Nowか、あるいはタッチスクリーンかステアリング上のボタンでおこないます。

2つの車載プラットフォームはとても良く似ていて、正直できることに大きな違いはなさそうです。最も大きな違いはアップルのサーヴィスを使うか、それともグーグルのサーヴィスを使うか、ということでしょうか。使い慣れたGoogleマップが利用できるのはAndroid Autoの強みといえそうですね。

source: 9to5Mac

(塚本直樹)