アップルのiPhone用3Dジェスチャー特許は「触らず操作」を可能にする?

141211niphonepatent.jpg

3Dの世界はどこまで発展するのだろう。

端末には触れず、少し上の空間を手でスッスッやるだけで操作する…そんな未来が着々と近づいているみたいです。アップルは先日、「3DによるUI・モーションジェスチャー」に関す特許を取得しました。

この特許では「物理的なタッチ操作なしに、デヴァイス上のセンサーで方向を感知し3D環境をディスプレイ上に表示する」方法について説明しています。ジェスチャー操作に関しては、ディスプレイの上にかざされた手の位置を近接センサーで感知するなんて方法も想定されています。

アップルの3Dユーザーインターフェイスやジェスチャー機能に関する噂はこれが最初ではありません。以前同社は特別なメガネなしの3Dディスプレイを開発していると報じられたことがあります。

3Dで似たような機能を搭載したスマートフォンとして、高度なカメラ連携により顔の位置を検出できるアマゾンの「Fire Phone」がありますが、こちらは残念ながら販売に苦戦しているという話も聞こえてきます。

iPhoneにいつ頃モーションジェスチャー機能や3Dインターフェイスが搭載されるのかは不明ですが、我々をあっといわせてくれるようなイノヴェーションが実現されるかもしれません。期待しましょう。

source: 9to5Mac

(塚本直樹)