ロシアでiPhone 6が35%値上げし販売再開。日本は…?

ロシアでiPhone 6が35%値上げし販売再開。日本は…? 1

買い時が難しい…。

約1週間前にロシアの通貨、ルーブルの暴落によって閉鎖された、同国のアップルオンラインストア。そのストアがようやく復帰したのですが、待っていたのはiPhone 6の35%値上げという厳しい現実でした。

現在ロシアのアップルオンラインストアではiPhone 6が5万3990ルーブル(約11万7000円)で販売されています。1週間前には3万9900ルーブル、さらにその1ヶ月前は3万1990ルーブルだったことを考えると、2回の値上げで合計70%近くも値上げされたことになります。ロシアのアップルファンにとってはたまったものではありません。

ルーブルは現在原油安や経済制裁により、激しい値動きを見せています。1ヶ月前は終値で1ドル=46ルーブルだったのが、12月15日には一時1ドル=80ルーブルまで急上昇。その後は急速に値を戻し本日は1ドル=55ルーブル…とまるでジェットコースターのようです。これ、もしルーブルがまた以前と同レベルの為替にもどったらiPhone 6も値下げするんでしょうかね?

なお、日本でも突如開始されたiPhone 6/6 Plus SIMフリー版の販売中止目下継続中。一時は116円ほどまで値を戻した円も、現在1ドル=120円になるなど円安傾向は続いています。ロシアのように、日本でもある程度値上がりしてもいいから売って欲しい、という人もいるかもしれませんね。

image by kdramastars.com

source: ブルームバーグ

(塚本直樹)