磁石入りアクセサリがiPhone 6 Plusのカメラの誤動作の原因に

磁石入りアクセサリがiPhone 6 Plusのカメラの誤動作の原因に 1

後付けレンズとか、影響がありそう。

iPhone 6 Plusのユーザーから、金属や磁石を利用したアクセサリを使うとカメラ機能やNFC機能に誤動作を起こすという報告がされています。アップルのホームページにも警告が記載されているので、該当するアクセサリを利用されている方は要注意です。

警告文章を読むと、どうも金属製のケースや磁石を利用したアクセサリはiPhone 6 Plusの光学手ブレ機能に悪影響をおよぼすそうです。すでに、アップルはアクセサリメーカーに対してこのような素材の利用を避けるように伝えているとのことです。

上の動画は磁石でiPhoneにくっつけるタイプの外付けレンズをiPhone 6 Plusで利用した場合のトラブル例です。画面がものすごい勢いでブレて、とても撮影できるような状態ではありませんね。

また、磁力を帯びたアクセサリはiPhone 6とiPhone 6 PlusのNFC機能にも悪影響を及ぼすみたいです。今後、磁石を利用したアクセサリは少なくなっていくものと思われますが、個人でももしiPhone 6 Plusの動作におかしいところがあったら、そのようなアクセサリを使っていないか確認する必要がありそうです。

source: 9to5Mac

(塚本直樹)