Touch IDを指でなぞってロック解除できるアップルの新特許

141225iphone_touchid00.jpg

iPhoneの指紋認証機能「Touch ID」がもっと強力になるかもしれません。

アップルが提出した特許によると、彼らはTouch IDと指の回転や動きを組み合わせたセキュリティシステムを開発しているみたいなんです。

この特許はアップルに買収されたセキュリティ関係会社「AuthenTec」の創業者の名前で提出されています。特許のタイトルは「Electronic Device Switchable to a User-Interface Unlocked Mode Based Upon a Pattern of Input Motions and Related Methods」で、スマートフォンをアンロックするためパターン表示について解説されています。

たとえばトップの画像。これを見ると、ユーザがホームボタンの上で指を回転させると、画面のダイヤルも同じように回転しているのがわかると思います。これを金庫の鍵のように、決められた方法で回転させロックを解除させる仕組みです。

141225iphone_touchid01.jpg

こっちは別の解除方法。アンドロイド端末ではお馴染みの、画面のドットを決められた順番でなぞるものです。ただし今回の特許では、ホームボタンの上で指を小さく上下左右に動かすことでパターンをなぞるギミックです。

すでにiPhone 6/6 Plusのホームボタンには2回タップすると画面が下に下がってくる「Reachability」が導入されています。今回の指の動きによるロック解除の特許も、もしかしたらちょっとした改良で実現できるかもしれません。

さらに、Touch IDに利用されているAuthenTecの技術「Smart Sensor」は指先による正確なカーソル移動のサポートをしているそうなんです。特許取得って実装されないことも多々あるのですが、なんだかこれは現実味があるような気がします。

source: FPO via AppleInsider

(塚本直樹)