ゾンビ・アポカリプスの広がりは予想できる? 

141217zonbieequation

感染拡大から絶対包囲までのお時間。

オックスフォード大学の数学専攻のトーマス・ウーリー博士の論文によると、今まで発表されてきたゾンビの研究には、「人間とゾンビ間の時間と人口に依存した相互作用」に注目しているが、地理は考慮されていないということです。

現実的に、ゾンビの初めの集団は、墓や病院といった死んだ人間がいる場所から発生すると考えられるでしょう。人間とゾンビが最初から全く別の場所に存在するわけではないということから、人間が身を守るために走って逃げたり隠れたりするということは出来ないでしょう。

ゾンビは恐ろしい存在ですが、俊敏ではないというのは文書で十分に裏付けられた事実です。であれば、十分に警告を与え、ゾンビを出し抜いて人間が安全に暮らせる防御した場所を作ることも可能かもしれません。

そのためには、加害するゾンビがどれくらいの時間で私たちに迫ってくるのかを知るのが良いでしょう。そうすれば、身を守る用に部品や武器となるものを集めるのに費やす時間も計算することができるのです。

ゾンビの動きは、一般的に小さな均一性のない歩みだと説明されています。そこで、ウーリー博士は「拡散」という物理学の原則に目をつけたようです。

「拡散」とは、濃度分布が異なる混合物が平衡状態に近づくにつれてその濃度分布が一様になってゆく現象のことを言います。これは物理学のコンセプトですが、生物や科学といった分野にも適応することが可能です。

兄弟メディアのコタク・ジャパンでは、ある距離でゾンビが発生して、そこから何分で最初のゾンビと接触することとなるのか、先ほどの物理学の話を元にさらに詳しく掘り下げているので、ゾンビアポカリプスから生き残る術を今のうちから習得しておきましょう。

source:コタク・ジャパン

(ギズモード編集部)