お財布なしでもコーヒーが飲める。スターバックス×FeliCa、モバイルペイメントの時代へ

Sponsored

141112sutaba00r.jpg

支払いのスタイルが変わろうとしているのかもしれません。

財布から紙幣や硬貨を取り出して代金を払う。当たり前の支払い方法です。しかし今、この従来の支払いとはまた違った、新しい支払い方法に注目が集まっているんです。それが、スマートフォンやフィーチャーフォンを使ったモバイルペイメント

ご存知のとおり、アップルが独自の決済システム「Apple Pay」を発表しついにサービスインしています。こちらはiPhoneに限定した独自規格ということで、米国のみで利用可能で、まだ対応店舗は少ないものの、便利で新しい決済スタイルへの期待は世界規模で高まっているのは事実です。

一方国内では?というと、すでに交通機関や飲食店などでスマホや携帯電話で決済できたり、クーポンが利用できるというサービスを多く見かけます。例えば、身近なところですとガジェット好きのオアシスとして人気のコーヒーショップ、スターバックスもモバイルペイメントに対応しています

スターバックスでは、キャッシュレスで支払いができる「スターバックス カード」があります。このスターバックス カードをもっと手軽に、さらに便利に使えるものが、おサイフケータイ®対応のスマートフォンやフィーチャーフォンで利用できるモバイルペイメント、「モバイル スターバックス カード」です。

141112sutaba01.jpg

モバイル スターバックス カードでは、スマホや携帯電話から残高照会やオンライン入金が可能で、支払い時もカウンターの端末に「かざす」だけでOK。コーヒーブレイク時には、もう財布すら取り出さなくていいんです。

このスマホや携帯電話を「かざす」という動き、国内ではすごく頻繁にみかけます。モバイル スターバックス カードもまた、国内での非接触通信で最も多く採用されているFeliCa規格を採用しています。いわゆる「おサイフケータイ®」と呼ばれるもので、国内向けのスマホや携帯電話は軒並み対応している規格です。メジャーサービスですと「モバイルSuica」などもFeliCaです。

しかし、モバイルペイメントにはさまざな技術的な選択肢があり、そして非接触チップを利用するにしてもFeliCaだけでなく、TypeATypeBといった規格もあります。また、「NFC」という言葉も最近よく聞くようになりました。そんな中、モバイル スターバックス カードはなぜFeliCaを選んだのでしょうか? そもそもNFCとFeliCaの違いは?

本日はスターバックスとFeliCaそれぞれのご担当者さまに、パートナーとしての優位性や、非接触規格の関係性・違いなどのお話を聞いてみました。

141112sutaba02r.jpg

今回お話を伺ったのは、スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社の長見明さん(写真左)、そしてフェリカネットワークス株式会社の玉川修一(写真中央)さん、同じく中川悟さん(写真右)です。

その核心は? モバイル スターバックス カードにFeliCaを利用した狙い

スターバックスではキャッシュで支払う以外にも、いくつかの方法があります。例えば、アメリカでは画面にバーコードを表示して、お店でスキャンするという支払い方式が採用されています。しかし、国内の「モバイル スターバックス カード」では非接触通信ができるFeliCaを採用しているわけですが、なぜFeliCaでなければならなかったのでしょうか? そこにはいくつかの狙いがあったのです。

141112sutaba03r.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンの長見さんは「『かざす』という行為自体が、心地いいものである」と語ります。「バーコードを表示する、確かにそれも手段のひとつですが、Suicaやおサイフケータイ®を使い慣れた人にとっては、画面に何か表示しなくてはならない、そしてそれを相手に提示しなくてはならない、という手間がすごくまどろっこしく感じてしまうのではないか」と。

「スピーディーに支払いができる環境を整えることで、それはスターバックスらしい心地よさに繋がるはずです」と長見さんは続けます。そのための検討を重ねた結果として、FeliCaに辿り着いたとのこと。

NFCの中のFeliCa。その違いはどこにあるのか

NFCで国内での普及率の高いFeliCa。でも、僕たちはNFCとFeliCaの関係性をあまり詳しく知りません。それらは非接触という共通項だけで、全く違う規格なのでしょうか?

141112sutaba04r.jpg

いいえ実はそうではないんです。フェリカネットワークス玉川さんは「NFCとFeliCaを比較するような情報も見かけますが、そもそも比較する関係ではないんです」と語ります。

非接触型のICカードは、情報を保存、暗号化するような仕組みと通信を行うという仕組み。この2つの要素から成り立っていますが、NFCとはそれらFeliCaやType A、Type Bといった非接触型ICカードの無線通信部分だけを切り取って規格化したものなんです。

○○の端末はNFCで、××の端末はおサイフケータイで…と単純に比べがちですが、つまりFeliCaというのは非接触ICカードの規格のひとつであり、NFCというのはその無線通信部分の規格ということなんですね。

では国内において、普及率の多いFeliCa。実際どのようなシーンで利用されているのか、ちょっと考えてみましょう。最もメジャーなサービスは、やはりSuicaやPASMOなど交通機関の乗車券に採用されたのがシェアを広げる要因であったのではないでしょうか。

141112sutaba05r.jpg

フェリカネットワークス中川さんは、採用にあたっては厳しい条件があったことを教えてくれました。「Suicaのサービス条件として、0.2秒以内に決済処理を済ませることが求められたんです。つまり、混雑したラッシュアワー時を想定してスムーズに通過しなくてはならないという、非常に厳しい条件があったんですね。FeliCaはその基準を満たしていたということ。そして、日本鉄道サイバネティクス協議会のIC乗車券規格(サイバネ規格)として標準化されたことが大きいと思います」と。

なるほど。現在の普及率の高さは、確かな技術と性能があってこそなんですね。

FeliCaを採用してよかったと感じさせるところ

これまでのお話で、FeliCa規格の優秀さが伝わったのではないでしょうか。また、規格だけでなくサービス全体としての魅力もあると思うんです。具体的にFeliCaを採用してよかったと感じるところはどこにあるのか? 長見さんに訪ねました。

141112sutaba06r.jpg

「非接触ICカードは、日本では交通を中心にひとつの規格にまとまりましたが、海外ではさまざまな規格が競争しあっていると聞きます。複数の規格が存在することは、導入を検討している企業にとって時間もコストもかかることになりますし、導入の障壁になってくると思うんです。しかし、日本ではFeliCaがこれだけ広いエリアで整っています

やはり、利用できる基盤が整っている。というのは大きいんですね。せっかく支払いの方法を提案しても、誰もそれを使えないのではただのひとりよがりになってしまいます。実際に、ガジェット界の中ではそういった独自規格で失敗してしまった例や停滞しているようなサービスもあります。それはそれで試みとしては確かに評価できますが…。ユーザが快適になるか?というとちょっと考えてしまいますものね。

「1つのチップでもいろんなサービスを共存できて、そこに乗っかれば大丈夫。という仕組みがFeliCaさんには整っているんですよね。そういうプラットフォームが整っていて、幾つかの機能をマネージして利用できる。その仕組みをスターバックス側がゼロから作ろうと思ったらとんでもなく大変です。また、モバイル スターバックス カードが他社と違うのは、アプリベースじゃなくて、ブラウザから利用できるところです」と長見さんは続けます。

141120mobile_starbucks_step.jpg

確かにおサイフケータイでの支払いというのは、アプリで行なうというイメージがありました。しかし新しい技術・サービスとして、モバイル スターバックス カードではスマホやフィーチャーフォンのブラウザで入金やサービスを利用できるんです。

これに対して中川さん「FeliCaのサービス開始当初はアプリを経由してFeliCaチップにアクセスしていましたが、ブラウザからでもFeliCaに対して読み書きを行えるようにしてほしいとの要望もあり、現在はブラウザベースにも対応しています」とのこと。

自社で専用のアプリを作るとなると、そこに莫大なコストがかかってきますが、確かにこの方法ならコストも低く抑えられ、導入のハードルも下がります。サービスを広げるのは理想的な土壌がすでにできあがっているんですね。

ブラウザがバージョンアップしたらどうするんですか?とちょっと意地悪なことを聞いてみたところ、フェリカネットワークス側である程度新しいバージョンについては全部サポートを行なっているから大丈夫。と力強いコメントをいただきました。また、通信を行なっているとなると、セキュアかどうかも気になりますよね。そのやりとりされる情報は安全なのでしょうか?

141112sutaba07r.jpg

「FeliCaは高度な暗号化処理を持っています。チップに書かれた情報は改ざんが難しい設計になっています。加えて会員のID認証のような本人認証は、なりすまし防止の認証技術を採用しており、こちらも安心していただけるようになっています。ユーザにも店舗さんにも安心して使っていただけるような基板は、自信を持って提供させていただいています」と、玉川さん。

たしかにFeliCaのセキュリティに関する事故は、今までありません。

モバイル スターバックス カードとFeliCaが描く未来のライフスタイル

FeliCaを採用した「モバイル スターバックス カード」は、今後どのようなサービスを展開していくのでしょうか? そしてこれら非接触型ICチップがもたらす未来の生活の姿とはどのようになるのでしょうか? 皆さんが考えている展望などを伺ってみました。

141112sutaba08r.jpg

「モバイル スターバックス カードは、現在デジタルに長けた効率を求める男性がメインユーザになっていますが、デジタルが苦手な方でも自然に使えるような環境にしていきたいですね。『かざす』という行為としてはすごく便利ですし、スターバックスコーヒーでお気に入りの一杯をスムーズに頼んで飲める。というところの心地良さにも繋がるものだと思います。いろいろなことができる土壌はあると思うので、もっと便利に、かざす心地よさを体感していただけるようなチャレンジをしていきたいと思っています」と、長見さん。

141112sutaba09r.jpg

「FeliCaはまだまだ普及レベルとしては満足していません。もっと多くの人に使っていただけるように努力していこうと思っています。もちろん、ユーザが持っているデバイスも多様化していきます。ゆくゆくはウェアラブルデバイスなどにもFeliCaを搭載して、ユーザが普段身につけている日常的なデバイスで、もっと身近に利用できるようにしていきたいと思います」と、フェリカネットワークスのお2人からも未来がちょっぴり楽しみになるコメントをいただきました。

そうなんです。スマホを「かざす」。

僕たちはなんの不思議も感じず、日常的に使うようになっています。しかし、別に現在はスマホが肌身離さず持っているデバイスだからであって、スマホにこだわる必要性はないんですよね。そういう意味では、現在注目されており、確実に次のメインストリームになるであろうウェアラブルデバイスとの連携面での期待が高まるのは必然です。これは本当に期待したい!

そしてなにより、ほんの小さなチップの中に、多くの技術が詰まっていて、それを運用できるプラットフォームがあり、提供できるサービスが広まっている。そういった環境がすでに整っているのは、世界から見ても日本は一歩リードしていると言えるのではないでしょうか。本日お話をお聞かせいただいた方々からは、それをさらに良くしよう、心地よく使ってもらいたい。という温かい思いも感じられました。

ひょっとしたら、スターバックスでも将来的にはスマホでかざして注文できたり、新しい限定メニューや新商品などの情報も受け取れるようになるのかもしれませんね。自分好みにシロップやソースなどを足してカスタマイズできるスターバックスですから、FeliCaに自分のレシピを入れておけば、さっと「かざす」だけで「自分好みの1杯」を頼める。なんてのも面白そうです。

モバイル スターバックス カードでコーヒーブレイク

141112sutaba10r.jpg

インタビューが終わって、早速「モバイル スターバックス カード」を店舗で試してみました。注文を終え、スマホを持って待ち構えていると、カウンター上の端末がスターバックスカラーに発光しました。なるほど、これはわかりやすい!

そして端末を「かざす」。触る必要はありません。あくまでも「かざす」だけでOK。決済が完了すると音が鳴って光が消えます。これは確かにスマートです。お財布を取り出して、小銭を数えて…という手間もありません。

スマホからオンライン入金ができたり、チャージもできるのも便利ですよね。それこそ本当に、お財布を持ち歩かなくても、スマホだけあればちょっとコーヒーを飲んで一息つける

141112sutaba11r.jpg

たしかにこれは心地よさを感じさせられます。

日本発の「かざす」文化で世界の市場へ

正直NFCとFeliCaって何が違うの? どちらが上位でどちらが下位? そんなふうに漠然と「違う規格のもの」というイメージがあったのですが、今回の対談でFeliCaとNFCのことがよくわかりました。

また、同時にFeliCaの土壌の広さにも驚きを隠せません。サービス事業者、そして消費者がともに安心して、便利に、そして快適に使える環境が揃っている。この万全な下地があるという点で、参入のしやすさは事業者にとっても魅力なのではないでしょうか。

現在、FeliCaは日本国内を中心に広く採用されている規格ですが、海外でもいくつかの国・都市でFeliCa規格を採用した交通機関なども増えているそうです。ひょっとしたら、グローバルなモバイルペイメント市場を、日本の技術であるFeliCaが牽引していくという可能性もあるんです。

そんなFeliCaの「かざす」だけの決済「モバイル スターバックス カード」を利用できるのは、世界のスターバックスでも日本だけ。そういう意味では日本のスターバックスは、未来の支払いのスタイルをちょっとだけ先取りしているのかもしれませんね。

141126suta0ak.jpg

そう遠くない未来、スマートフォンやフィーチャーフォン、そしてウェアラブルデバイスでのモバイルペイメントは、我々の生活にさらに親密になってくるでしょう。その先にはどんなスマートで心地よい体験が待っているのでしょうか? 次回スターバックスに行った際には、コーヒー1杯を楽しみながら、ぜひ未来の自分の生活スタイルを想像してみてください。

source: モバイル スターバックス カード

(小暮ひさのり)

※「おサイフケータイ®」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

↓おサイフケータイ®対象端末はこのマークが目印です。

141201mobilestarbucks_mart_20.jpg
は、フェリカネットワークス株式会社の登録商標です。