初めてのSDカードスロット搭載HDD「My Passport Wireless」レヴュー、アイデアは良いけれど…

初めてのSDカードスロット搭載HDD「My Passport Wireless」レヴュー、アイデアは良いけれど… 1

スマートフォン時代、MacやPCで作業する機会は減ってきているかもしれません。

でも写真家や動画作家にとっては、撮りためた写真や動画ファイルのバックアップで未だに大量のディスク領域が必要で、ファイル管理も悩みの種です。

Western Digitalの「My Passport Wireless」は、コンピューター要らずのハードディスクドライブ。ケーブル不要でSDカードスロットから自動的にHDDの自動的に指定したフォルダにすべてコピーしてくれます。完全にワイヤレスで利用することも可能、充電可能なリチウムイオンバッテリーも搭載されています。

1TBで180ドル(約2万1千円)で、2TBで230ドル(約2万7千円)と、通常のMy Passport(1TBで85ドル、2TBで150ドル)と比べると随分お高くなっていますが、これは普通のHDDではなく、SDカードスロット付きの上にワイヤレス接続可能という付加価値があるわけです。

ちなみにWiFiで接続できる外部HDDは目新しいものでは無く、Seagate Satelliteや、Corsair Voyagerなんかはほんの一例ですが、スマートフォンアプリを使ってファイルをダウンロードしたり動画のストリーミングができるHDDはすでに存在します。My Passport Wirelessも同様、例えば家の中やホテルの部屋等で、iPadから動画のストリーミング、スマートフォンから大量の写真ライブラリにアクセスすることができます。

でも、SDカードスロットがビルトインされているHDDは他にはありません。だからこのデヴァイスに魅力を感じ、実際に手に入れて、レビューしようと思ったわけです。

初めてのSDカードスロット搭載HDD「My Passport Wireless」レヴュー、アイデアは良いけれど… 2

デスクトップのアクセサリーとしては、決してものすごく洗練されたデザインとは言えません。USB給電型の普通のMy Passportより2倍厚いのですが、驚くほど軽量。自分の煩雑とした机の上に置いている限り、HDDの存在はほとんど気になりません。

シンプルなデザインで、プラスチック製の筐体、LEDインジケーターライトが2つ、USB3.0ポート搭載、サイドは、電源ボタンとWPSモードにするためのボタンと、2つのボタンがあります。

シンプルなのは良いのですが、ユーザーインターフェースとしてはどうでしょう。実は、LEDの色や光の点滅のバリエーションが謎です。例えばコンピューター無しでデータを移行している時など、データコピーなどの進行状況がよく分からなくて少し不安になったりします。

そして「My Passport Wireless」は、頑丈なデヴァイスであるとは言えませんね。いつも使っているLoweProのカメラバッグの一番上の部分に、裸で放り込んで置くのは少し躊躇します。LaCieの頑丈なHDDを普段からバッグに雑に入れて使っているからかもしれませんが。

ワイヤレス機能はボタンを押すことでオンになりますが、起動するまで40秒、少し、いやかなり時間がかかります。データにアクセスできるまでの待ち時間は確かにダルい。例えばSDカード容量が無くなってしまったけど、今すぐHDDにバックアップして撮影作業を続けたい…などのいざという時を想像してみると、多少の苦痛を感じそう。

しかしながら一度起動すると期待通りに動作しますし、他のHDD同様にUSB 3.0で接続できるのはやっぱり確実で安心。iOS/Androidで提供されている「WD MyCloud」アプリでワイヤレスでHDDの中のコンテンツを取得できます。

初めてのSDカードスロット搭載HDD「My Passport Wireless」レヴュー、アイデアは良いけれど… 3

そして、この「My Passport Wireless」の目玉である、SDカードを直接読み込める機能はどうでしょうか。

プロセスはシンプル。カードを挿入して、数秒待って、LEDライトが点滅することでデータのコピーが始まったことを知らせてくれます。そして点滅が終わると安全にSDカードを抜くことができます。

次に、HDDをUSBかWiFi経由で接続し、HDD内の「SD Card Imports」フォルダからコピーされたファイルを確認することができます。

ただ、実際の大きな問題として、SDスロットカードからデータをコピーする時間が異常に遅いのです。他のどのカードリーダーより遅いんじゃないかというくらい。あまりの遅さにイライラしてLEDの点滅が終わるのを待たずしてSDカードを抜いてしまったことが何度かありました。Western Digitalによれば、SDカードのコピーが一普通より遅いことに関して既知の問題としているようですが…。

また、このHDDはSDカードのデータをコピー&ペーストできません。作業プロセス全体を通して、データが完璧に安全かつ正確であることを確認するために、HDDは転送がカタツムリレベルのノロさで追加のタスクを実行します。Western Digitalがデータの安全性に配慮しているのは良いことですが、残念ながら完全にHDDのユーザビリティを妨げています。

そして他に本当に嫌なのが、USBポートに接続しているときにカードリーダーが機能しないこと。MyPassoportをHDDとして使ってないけど MyPassportをSDカードリーダーとして使いたい時、USBポートで接続してもSDカードの中が見えません。

残念だけど、使えない!

WiFI経由でHDDのファイルを閲覧するのはかなり簡単で使いやすいです。

それでも利用しようとする毎に、HDDがWiFiに接続しに行くのはもう少しなんとかならないものかと思いますが、昨今のWiFiと接続する様々なデヴァイスにも同じことが言えますね。

JPGの写真やMP3の音楽ファイルなど、容量が大きくないファイルであれば、ファイルブラウジングは速いですが、動画ファイルやRAWファイルなど容量の大きいファイルにアクセスしようとすると、数秒待たされることになります。

実際に、HDDにある500GBの写真ライブラリ(ほとんどがRAWファイル)を読み込もうとしましたが、フォルダーの移動は快適とは言い難いですね。いったん全てのファイルが表示されてから、自分のデヴァイスにダウンロードしたり、フル解像度で写真を閲覧できたり、削除したり移動したりできるようになります。

また、My Passportのバッテリーに関しては決して強みとはいえません。フル充電の連続使用(モバイルデヴァイスから動画をストリーミングしたり連続でファイルを閲覧するなど)で、4-5時間しか持ちません。スタンバイ状態は約丸一日持続します。正直に言って、期待していたほど実用的ではありませんでした。

ついでに言っておくと、最初にWestern Digitalから配送されたHDDはいくつか問題がありました。時々OS Xでマウントしようとしても、HDD側でそれを拒否するので、何度もフォーマットしなければなりませでした。Western Digitalは新しいものを送ってくれて、それで問題は解決しました。ユーザーレビューを見る限り、基本的にはポジティブなものが多いので、今回私が直面した問題はたまたまだったのかもしれません。

初めてのSDカードスロット搭載HDD「My Passport Wireless」レヴュー、アイデアは良いけれど… 4

良いところ

コンピューター不要で写真をSDカードからHDDへワイヤレスに保存できるという点はとても素晴らしいアイデアです。 MyPassportは光沢感があるデザインでかなりコンパクトなデザイン。iOSのアプリはナビゲーションがシンプルで使いやすいですね。

良くないところ

SDカードからデータを移動する時の時間があり得ないほど長い。これなら手作業でやったほうがマシってくらいです。HDDのLEDインジゲーターライトが示す色や点滅のバリエーションもわかりづらく混乱します。バッテリー寿命はまあまあかな。

これは買うべき?

多分、ノー

結局のところ、実際に「My Passport Wireless」を使ってみて、決して快適さを感じることはありませんでした。SDカードをワイヤレスで読み込めるところに魅力を感じたのですけどね…。

SDカードからのデータコピーの時間は死ぬほど長く、インジゲーターのLEDライトは謎の光り方で、本当にちゃんと仕事をしているのか不安になります。点滅パターンを判読しようとしても、ユーザーマニュアルには書いていません。コピー中なのか、それとも作業は終了したのか、さっぱりわからない。本当にわからない!大事な写真の保管をするのにこんな余計なことで悩みたくない、というのが本音です。

Michael Hession - Gizmodo US[原文
(mayumine)