広がるソニー・Pハッキングの波紋、パラマウントの「チームアメリカ」も上映中止

広がるソニー・Pハッキングの波紋、パラマウントの「チームアメリカ」も上映中止 1

広がり続けるハッキングの影響。

ソニー・ピクチャーズが今月上映を予定していた、北朝鮮を題材にしたコメディ映画「ザ・インタビュー」が、ハッカーからの脅しによって公開中止となりました。これをうけて、いくつかの映画館では、代わりに「チームアメリカ/ワールドポリス」をリヴァイヴァル上映することにしていました。

「チームアメリカ」はアメリカ本国で2004年に公開されたブラックコメディ。国際警察「チームアメリカ」が、北朝鮮の金正日が大量破壊兵器をテロリストに売ろうとしている情報をキャッチして…というストーリー。何かに似ていると思ったら、上映中止に追い込まれた「ザ・インタビュー」ですね。これを代わりに公開しようとした映画館もユーモアがあると言いますか、ガッツがあると言いますか…。しかし、「チームアメリカ」も上映中止となってしまいました。

上映を予定していた複数の映画館がツイッターにて発表しています。中止理由は、配給元であるパラマウントより要請があったため。パラマウントとしては、過去の映画がリヴァイヴァル上映されることで、ハッカーの矛先がこちらに向うのを警戒したのでしょうか。ソニー・ピクチャーズのハッキング被害は非常最大規模と言われており、恐れるのも無理はないのですが。どこまで波紋が広がるのでしょう…。

Eric Limer - Gizmodo US[原文

(そうこ)

ソニーハック(12月1日〜) 関連記事

new ソニーハックは北朝鮮のサイバー攻撃と米当局断定。えらいこっちゃ…

new 北朝鮮パロディー映画「ザ・インタビュー」、ソニーが公開中止を発表

new 映画「ザ・インタビュー」プレミア上映すると「9・11」級の攻撃を起こすと脅迫メール

ソニー・ピクチャーズに元社員が集団訴訟、個人情報流出で

ソニー・ピクチャーズが盗まれたデータの流出サイトをDDoSで反撃(追記あり)

ハッカーが出したソニーへの要求は、映画「ザ・インタビュー」の公開中止

ソニー・ピクチャーズハッキング事件。流出したのは元従業員の個人情報、俳優の電話番号…

ハッキングに関するソニーの内部メモが公開「前例のない、比類なき犯罪」

ソニー・ピクチャーズへのハッキング元はバンコクの5つ星ホテル

ソニー・ピクチャーズのハッキング、思わぬ方向へ。社員やその家族に脅しも

ソニー流出データが追加公開、管理の甘さが浮き彫りに

ソニーはパスワード数千個を「パスワード」というフォルダに保管していた

ソニー・ピクチャーズのハッキング、史上最悪規模に

ソニーハックは北朝鮮?米本土サイバー攻撃を警戒せよ、FBI極秘通達(追記あり)

公開前のソニー映画、数本がネットにリークされてしまう