ソニー・ピクチャーズに舞い上がるハッカーからひとまず停戦宣言

ソニー・ピクチャーズに舞い上がるハッカーからひとまず停戦宣言 1

ソニー・ピクチャーズ経営陣にハッカーから、勝利に酔い痴れるこんなメールが届いたようです。

「ザ・インタビュー」の上映中止を決めたのはとても賢明な判断だ。それが身のためだ。[...]

おまえたちのプライベートな機密情報はまだ我々の手元にある。またおかしな真似しないでおとなしく言うことを聞いている限りはデータは決して外には出さない」

CNNのBrian Stelter記者が入手して報じたもの。メールではさらに、映画の痕跡をすべてインターネットから抹消するよう新たな要求を突きつけてます。

「さて次の要求だが、あの映画は今後一切公開しないでくれ。いかなる形態の配信もリークも駄目だ。たとえばDVD、海賊版も駄目。

そして、映画関連のものはすべて、予告編もフルバージョンも掲載中の全ウェブサイトから直ちに削除してくれ」

むぅ…。オバマ大統領は先の記者会見でこう語りました(先の記事のアプデから再掲)。

「ソニーが上映中止を決めたのは間違い。米本土が独裁国に検閲されるなどあってはならないことだ。意にそぐわないドキュメンタリーやニュースはどうするのだ? 表現を自粛し始めたらそれもう、アメリカではない。ソニーのことは気の毒だと思うが、先にひとこと相談してくれたら、サイバー犯罪の脅迫に屈するなと助言したはずだ」

要求をひとつのめば、また次がくる。オバマの恐れていたパターンに完全にはまってる気が…。

いちおうオバマ大統領も「北朝鮮にはされたなりのことは返す。その時間、場所、やり方はわれわれが決める」とカメラにガン飛ばしましたので、ひとまずの勝利&収束宣言と読むこともできますが。

source: CNN

Mario Aguilar - Gizmodo US[原文

(satomi)

 

ソニーハック(12月1日〜) 関連記事

new 広がるソニー・Pハッキングの波紋、パラマウントの「チームアメリカ」も上映中止

new ソニーハックは北朝鮮のサイバー攻撃と米当局断定。えらいこっちゃ…

new 北朝鮮パロディー映画「ザ・インタビュー」、ソニーが公開中止を発表

new 映画「ザ・インタビュー」プレミア上映すると「9・11」級の攻撃を起こすと脅迫メール

ソニー・ピクチャーズに元社員が集団訴訟、個人情報流出で

ソニー・ピクチャーズが盗まれたデータの流出サイトをDDoSで反撃(追記あり)

ハッカーが出したソニーへの要求は、映画「ザ・インタビュー」の公開中止

ソニー・ピクチャーズハッキング事件。流出したのは元従業員の個人情報、俳優の電話番号…

ハッキングに関するソニーの内部メモが公開「前例のない、比類なき犯罪」

ソニー・ピクチャーズへのハッキング元はバンコクの5つ星ホテル

ソニー・ピクチャーズのハッキング、思わぬ方向へ。社員やその家族に脅しも

ソニー流出データが追加公開、管理の甘さが浮き彫りに

ソニーはパスワード数千個を「パスワード」というフォルダに保管していた

ソニー・ピクチャーズのハッキング、史上最悪規模に

ソニーハックは北朝鮮?米本土サイバー攻撃を警戒せよ、FBI極秘通達(追記あり)

公開前のソニー映画、数本がネットにリークされてしまう