コーヒーは白いマグカップにいれた時、最も味を濃く感じるという話

コーヒーは白いマグカップにいれた時、最も味を濃く感じるという話 1

コーヒーでも飲みながら考えましょう。

朝、キッチンで最初にやることは、バターを冷蔵庫から出すことです。その次にやるのは、コーヒー豆を挽いてコーヒーをいれること。いい香りがたちこめて、今日もやったるかという気持ちになります。そして、日課になってしまった朝ドラを見ながら朝食を食べるわけですね。唐突ですが、皆さんがいつも使っているコーヒーカップの色は何色ですか? オーストラリアの科学者が、マグカップの色が味に影響を与えるのかどうかという実験を行いました。結果はというと…。

ネタ元であるFlavourに「Does the colour of the mug influence the taste of the coffee?(マグカップの色はコーヒーの味に影響するか?)」という研究が掲載されました。研究リーダーであるオーストラリアのフェデレーション大学のGeorge Van Doorn曰く、研究のきっかけとなったのは、とあるバリスタの「コーヒーは白い陶器のマグカップにいれると、透明なガラスのマグにいれた時よりも苦みが増す」という一言。このバリスタの言葉は真実なのかどうかDoorn氏は研究し、色が味に影響するという結論に至りました。

実験で使用されたのは、透明/白/青の3色のマグカップ。36人の被験者に、それぞれ3色のマグカップで同じカフェラテを提供し、コーヒーの甘さ、濃さ、香り、苦み、そしてその品質などその味を評価してもらいました。結果、マグカップの色によって被験者は濃さと甘さに違いを感じるということがわかりました。クリアなマグカップよりも、白いマグカップからカフェラテを飲んだ時の方が、格段にその濃さを感じると被験者達は答えたのです。その理由は、はっきりと明らかになっていません。が、Doorn氏はそれについて仮説をたてています。

コントラストが味の感じ方に影響を与えるのではないか? これは、他の類似した実験でも同じような結果がでており、白いお皿でイチゴムースを提供すると、黒いお皿の時よりも15%味を濃く感じるというのです。つまり、茶色いコーヒーならば、コントラストが高くなる白いマグカップが、味を強めるベストなカラーだということになります。では、透明だとコントラストは感じないのでしょうか? 被験者は、透明なマグカップで飲むラテは、同じように甘さは感じるものの、白いマグカップほど味の濃さは感じないと答えています。

コーヒーは白いマグカップにいれた時、最も味を濃く感じるという話 2

3色のマグカップで提供されたカフェラテは少量でしたが、得られた結果はなかなか大きなもの。理由ははっきりせずとも、色のコントラストは味に影響を与えているようです。真っ白なマグカップ持ってないけど、今度買ってみようかな。

image by: masson, Flavour

source: Flavour

Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文

(そうこ)