ジョブズの盟友、ウォズがリアリティテレビ番組を制作

ジョブズの盟友、ウォズがリアリティテレビ番組を制作 1

ウォズはいつも、本当に楽しそう!

世界のガジェットファンから最も好かれる男、スティーブ・ウォズニアック氏が自身の名前を冠したリアリティテレビ番組を製作中だとわかりました。番組タイトルは「The Woz」、米国テレビ司会者のキャリー・バイロンさん(上画像左)とタッグを組んだ挑戦です。

「パートナーっていうか、共犯者みたいな人と冒険に出るの!」

バイロンさんは芸術家であり、ディスカバリー・チャンネルで放映されている科学検証番組にも出演する人気者。2008年にはWIREDによる「もっともセクシーなギーク」の4位に選ばれました。これだけ見ても、ウォズとの相性はよさそうですね。

番組内容は、ウォズ自身が未来的なガジェットを試すハンズオン形式。プレスリリースによると、Sci-Fi世界が現実になる場所へ視聴者を案内するといいます。

バイロンさんはツイッターで「ウォズと1日あちこちかけずり回ってて楽しい。本当に魅力的な人」と絶賛していますよ。

ウォズもウォズでディスカバリーチャンネルとかなんとか呟いて(チェックイン)いますね…。でも、オンエアがいつになるか、詳細はまだわかりません。

image: Woz and Kari Byron, via Twitter

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(そうこ)